女性にとって、乳がんは手術すれば楽になれるとは中々いかないものです。重くも目が離せない展開でした。
https://www.fujitv.co.jp/alive/  

第2話あらすじは?

恩田心(松下奈緒)が所属する腫瘍内科に乳腺科から乳がん患者の術前化学療法の依頼が来た。
患者は日ノ原徹(寺脇康文)という男性。
男性の乳がん患者は、罹患者全体の1%にも満たず、その存在をあまり知られていない。

部長の阿久津晃(木下ほうか)は光野守男(藤井隆)を担当に指名した。
日ノ原と対面した光野は、彼の母親も乳がんだったことを知り、遺伝性の可能性もあると検査を勧める。

さらに娘がいると日ノ原から聞いた光野は尚更と検査を勧めるが承諾は渋られてしまう。
乳がんにかかったことを、「男の自分がなぜ」と戸惑いを隠せない様子だ。
 一方、心も若い女性の乳がん患者の佐倉莉子(小川紗良)を、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)を伴い、診察していた。

莉子は自分が乳がんと診断されたことが信じ難く、会社への報告などに悩んでいた。
診察後、心から莉子は乳房全摘手術が望ましいと聞かされた奈海はまだ若いのにと残念がる。

式サイト https://https://www.fujitv.co.jp/alive/  より

みんな注目する点は?

R(50代、男性)

松下奈緒さん演じる恩田心がいる腫瘍内科に乳がん患者の術前化学療法の依頼が入ります。

乳がんの患者を寺脇康文さんが、男性患者として演じ、どんな反応をみせ、どんな検査や治療が映像化されるか、興味深いものがあります。

また、木村佳乃さん演じる梶山薫が、前回恩田心の夫の手術と関わりがあるようなシーンが登場し、なぜ、恩田心に近づいているのか、その謎がどの程度明らかにされるか、どうしようとしているのかも、見どころとなりそうです。

H(30代、女性)

医師として働きながら、植物状態になっている旦那のサポートもしなければならないので忙しい恩田先生ですが、同僚としてだけでなく梶山先生という強う味方を得ることができました。

ただその梶山先生は、恩田先生の旦那の手術に関係があるようなので、そこが少しずつ明らかになっていくところが注目です。

そして乳がんは女性に多いとされていますが、男性も罹患する病気なので、男性の乳がん患者が化学療法をするために訪れることになるのは知識を高めるきっかけになりそうです。

第2話みなさんの感想

V(50代、女性)

がん専門医のドラマなので仕方がないけれど、やっぱり今回もずっしり重い話でした。

内容的には色々研究されていて、男性の乳がんが取り上げられていたのは驚きでした。

乳がんは女性のみの病気だとばかり思っていました。
ドラマを100%信じる訳ではないですが、遺伝要因が大きいということも事実なのでしょう。

こういうドラマで病気の知識が広がるのは良い事だと思います。
莉子はまだ20代で乳がん、発症平均年齢よりかなり若すぎますが、実際に莉子と同じ年ぐらいで乳がんにかかる人もいます。
莉子も言っていたように自分自身は全然元気なので自覚は全くないのだと思います。

若いからこそ早く切った方が良いと言った結城の通りですが、そんな簡単に割り切れるものではないですよね。
薫も病気で辛かったと思いますが、そういった経験をしたのはマイナスではなかったと聞けたのは良かったです。

そうやって思えるまで時間は掛かったと思いますが、その経験により更に素敵な医師になったのですね。
しかしながら、やっぱり薫は心が心配で、手術の責任を感じて横浜みなと病院まで来たのですね。

1話ではそれだけでそこまでやるかな、とやや疑問でした。
薫は匠の手術が失敗したと思っていますが、きっとそんな事はないと思うのです。

匠の意識が戻れば心も薫もこれ以上苦しまなくて良いのですが急変してしまい心配です。
匠、2人の為にも頑張って目を覚まして。
中村さん、意識不明で寝ているだけの出演は悲しいです、是非起き上がった姿を見せて下さい。
しかし民代の目は凄いです。
鬘までつけて変装した薫を見破るなんて初対面なのに観察力が並みじゃないですね。

余計な事を話す人ではないと思いますが、心に疑惑を与えないで欲しいです。
そして笑わせてもらったのがおじいちゃんの京太郎です。
小学生の作文に「てんやもの」はないでしょう。
でもそれを書いて先生に見せた時の反応を見てみたいです。

K(50代、男性)

佐倉莉子はまだ若い女性でありながら、乳がんであることが分かり、「何で病気は自分を選んだのだろう」、「胸が無くなるよりも、人の幸せが喜べなくなる自分が怖い」と言っていたセリフが印象的であり、若い女性ならそう考えても仕方がないのだろうと感じました。

がん患者ではない自分からすれば、早期に手術した方が良いと思っていましたし、自分がそういう立場になれば、即答で手術しますと言うと考えていました。
これは男性だからでしょうか。

木村佳乃が、自分自身ががんサバイバーであり、乳がんステージ2で手術をしたことを佐倉莉子に話をし、更に、上半身裸になって、手術の傷跡を患者に見せたシーンは衝撃的だったですが、説得力がありました。

普通はそんなことはしないだろうと思いつつ、竹で割った性格の現れかなと感じました。

何人ものがん患者の心が強いものだと思い、そういった患者だからこそ、人の痛みが分かり、人の役に立ちたいと思える様になるのだろう、その為には患者の会は患者がお互いに助け合い、励まし合える所なのだと感じました。

I(20代、男性)

第1話、2話ともにタイトル通りですが、がん患者にまつわる内容です。
何人かのがん患者が出てきて、それぞれの思いや気持ちがフォーカスされます。

重い内容なので見ていて苦しい場面もありますが、単なる医療ドラマより人間の心に迫っていくので、ヒューマンドラマとして見入ってしまいます。
展開が早くスピーディーさもあるので、飽きずに見れました。

また中村俊介さんが意識を戻すかもしれない描写もあり、過去の手術に何があったのか、次の話では新たな登場人物もいるようで、ミステリー・サスペンス要素も入ってきて、より楽しくなっていきそうです。

話のメインはがん患者やその家族の葛藤や想いの部分なので、明るい気分になるというよりは病気ついて考えさせられるドラマだと思います。

まとめ

お医者さんが患者を納得させて、手術に至る様に話を進めていくことの難しさが分かるドラマですね。
今後も見続けたいと思いました。