今回はキッチンカーで弁当を売るイケメン料理人との出会いから始まります。
うらやましいお話ですね。

第3話あらすじ

“ある日の昼休み、ゆいか(山本美月)と麗子(トリンドル玲奈)は、会社の近くに来ているキッチンカーまで弁当を買いに行く。
キッチンカーで弁当を売る楢崎(小林豊)は、女性社員たちの間でカッコいいと噂されるほどのイケメンだった。
麗子は、楢崎と合コンしようと思いつく。
ゆいかと麗子は、人気のローストビーフ弁当を購入。
そこでローストビーフ弁当が売り切れてしまい、後ろに並んでいた客が楢崎にクレームをつける。

その不穏な空気に、とても合コンのことなど言い出せないと麗子が遠慮していると、ゆいかが楢崎に合コンを申し込む。
日曜の昼、ゆいかと麗子は楢崎とランチ合コンをすることに。
場所は、楢崎の先輩でもう一人の合コン相手・岡(竹財輝之助)が営む居酒屋。
岡と楢崎は、ゆいかと麗子に料理をふるまう。
楢崎が何かトラブルを抱えていると察したゆいかは、彼から話を聞く。

言いがかりをつけてくる洋食店の元オーナー、大量の弁当を買い続ける謎の美女…トラブルに巻き込まれがちなイケメン料理人を取り巻くミステリーの真相とは!?”

公式サイト https://https://www.ytv.co.jp/lunchtantei/  より

注目ポイント

S(40代、男性)

今回もいつものように早速合コンへと持ち掛けます。
そして、その合コンとなった相手のイケメン料理人、楢崎はまたトラブルを抱えていることをゆいかは知ります。

そして、謎解きが始まり楢崎にそのトラブルの事情を聞き出します。
そして、また謎が少しづつ解かれていくのでしたが、実はトラブルはひとつだけではなく2つあったのでした。

T(30代、女性)

3話では、ランチ合コンをすることになった原因である、麗子の元カレ絡みの話です。
元カレ和真からランチに誘われていることをゆいかに相談する麗子。

麗子は和真の目的がわからず不安に思っており、ゆいかはそんな麗子の気持ちを察します。
悩んだ麗子は2対2でなら、とランチをすることを提案し、和真もこれを受け入れます。

気まずい雰囲気のなか、遅れてきた神奈川支社の営業部長金子が事件の話題を持ち込み、ゆいかの推理が始まります。

麗子は元サヤに収まるのか収まらないのか、みどころです。
神奈川支社に勤める麗子の元カレ北村和真を平田雄也さんが、神奈川支社の営業部長金子実を川久保拓司さんが演じます。

Z(20代、女性)

今回はキッチンカーで弁当を作るイケメンのお話。
ランチで行った先の噂のイケメンと合コンをすることになった主人公は噂のイケメンの悩みを聞くことになります。

以前弁当屋に弟子入りしていたイケメンは、自分の店を持つことになり、師匠に合意を求めにいくと快諾されました。

しかし、一度許してもらったはずのキッチンカーでの弁当販売をのちに反対されることになります。
その裏に隠された師匠の秘密とは?今回も謎解きメインの合コンです。

M(20代、女性)

今回のゆいかのランチ合コン相手はキッチンカーで弁当を販売する楢崎とその先輩である岡という男性でした。

相談内容はかつて修行していた先の洋食店の店主、高木にレシピについて難癖を付けられて困っているという内容でした。

もちろん、それは高木の言い掛かりだと2人は言います。
よくよく話を聞いてみると、キッチンカーの常連でとても美人な女性が頻繁に沢山の弁当を買ってくれるとの事でした。

その女性に目を付けたゆいかは更に楢崎と話をする事になります。

第3話みなさんの感想

E(50代、女性)

今回の謎解きは感動ストーリーでジーンと来ました。
どうして楢崎にオーナーの認知症を隠す必要があったのか、娘がどうして正体を隠し横柄な態度をとる必要があったのか、突っ込みたいところも盛り沢山でしたが、細かい理由があるということにしておきましょう。

楢崎の様なイケメン、その上性格も良い人に彼女が居ないって有り得ませんよね。
それを言いだせば麗子とゆいかもまさか、になってしまうのでやめておきます。
いつもレベルの高い合コンで羨ましい、と言うよりは違う世界の話として目の保養をしています。

しかしランチだけは別です、是非食べてみたいです。
今日も美味しそうでしたよね、ローストビーフ弁当。

家の近くにもキッチンカーを飛ばして来てくれないでしょうか、楢崎さん。
いつまでも息子が心配、とても可愛いお父さんでしたね。
ネクタイ、コートに安全靴、コーディネートもナイスでした。

C(50代、女性)

「今日からお前は天野ゆいかになるんだ」と言っていたのは彼女の父親なのかもしれません。
ですが、なぜ別人になり、過去の記憶を消さなければいけなかったのかが分かりません。
ランチ合コン相手の楢崎さんの謎が、ゆいかによって解かれました。

今回は意外な結果だったので、少し驚きましたが、家族愛を感じた回でした。
今回は休日の昼間のランチ合コンでした。

今までは会社員通しでしたが、今回は職人さんということで、少し違った感じでした。
岡さんは野球で例えていましたが、私は野球が好きだったので、すべて分かってしまいました。

この例えは非常に良く分かると思いました。
私は牛肉が苦手ですが、ドラマに登場したローストビーフは食べてみたいです。

D(40代、女性)

ゆいかのランチ合コンに対する熱意が感じる前の段階で彼女の引っかかるところに気づきたいと思って観ているのですが、今回も突然のランチ合コンの申し込みでしてやられた感じでした。

今回は、認知症を患った名店の元オーナーやリストラにあった父親の態度に戸惑う楢崎の疑問を解くという少し身近にも感じるテーマでした。

名店のオーナーの奥様や娘さんの健気さ、父親の不器用な応援に胸にこみ上げるものがありました。

少し湿っぽくなりそうな内容でしたが、ゆいかの淡々とした口調や麗華のキャラクターでコミカルにも仕上がっていて、全体的には楽しく感じました。
店内も料理もいい感じでした。

ゆいかのセリフで、赤毛のアンの話がありましたが、いいな、と思いました。
頭の片隅に置いておこうと思いました。

O(30代、女性)

ローストビーフ弁当がとても美味しそうで、深夜にも関わらずお腹が空きました。
小言や指摘など煩く言われたら嫌なので、私は家事が上手過ぎる男性には苦手意識がありました。

しかし2人して手際良く、美味しそうな料理を仕上げているのを見たらとても魅力的でした。
キッチンカーでクレームを付けていた男性がまさか楢崎の父親で、その父親が大手企業を既に辞め、現在は別の仕事をしているであろう秘密まで、次々に暴いていく展開には驚きました。

重そうなので知るのが少し怖いですが、天野に一体どんな過去があるのかとても気になります。
それにしても、女性側から「私達と合コンしませんか?」とは、すごいセリフだと思いました。
美男美女揃いのドラマで目の保養になりますし、肌の綺麗さを見習いたいです。

おしまいに

合コンで男性の手料理を食べれるのは至福のひと時でしょう。
なかなかそんな合コンありませんよね。
相変わらずお料理がおいしそうでした。どこをとっても羨ましいドラマです。

https://www.ytv.co.jp/lunchtantei/