主演である本田翼が今回もとにかく可愛いく、またしっかりと任務に当たっていて頼もしかったです。
https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/  

第4話あらすじは?

井沢(沢村一樹)たちのもとへやってきた香坂(水野美紀)は、ミハンが割り出した新たな危険人物の捜査を指示する。

その人物とは、自殺を考えている人たちの相談に乗っているNPO法人に在籍する“いのちの相談員”杉原佳代(木野花)だ。

佳代は、失踪に見せかける方法について調べていたほか、スタンガンも購入していた。
そしてもうひとつ、佳代には気になる過去があった。

彼女は、10年前に起きた『大森山無差別殺傷事件』の被害者家族でもあったのだ。

井沢は、山内(横山裕)とともに佳代が在籍するNPO法人を手伝うスタッフとして潜入する。
一方、小田切(本田翼)と吉岡(森永悠希)は、駆け落ち同然で上京したカップルに扮し、佳代のシェアハウスを訪れていた。

ほどなく、佳代のシェアハウスで長い間暮らしていた保育士の佐藤奈々(木竜麻生)が、佳代と揉めて3ヵ月ほど前に部屋を出ていったことが明らかなる。

実は奈々は、無差別殺傷事件の犯人の妹だったことがわかる。
被害者家族と加害者家族という関係だった佳代と奈々。

佳代は加害者家族に復讐しようとしているのか? そして、普段はクールな香坂が、この事件に対してはなぜか積極的で、自ら捜査に乗り出すことに――。
井沢たちは不思議に思うが……。

公式サイト https://https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/  より

みんな注目する点は?

N(30代、女性)

今回はなぜか香坂さんが事件に積極的に事件の捜査を指示してきます。

今回ミハンシステムが選んだ危険人物は、NPO法人のいのちの相談員、杉原佳代。

佳代はスタンガンを購入し、失踪にみせかける方法を調べていました。

また、彼女には気がかりな過去もありました。
とある無差別殺傷事件の被害者家族だったのです。

伊沢は山内とNPO法人のスタッフとして、小田切と吉岡は駆け落ち上京したカップルとして佳代のシェアハウスへ潜入捜査をすることになります。

すると、3ヶ月前に長らく住んでいた保育士佐藤奈々が佳代と揉めてシェアハウスをでていったことがわかります。

さらにその奈々は、実は佳代の家族が被害者である無差別殺傷事件の犯人の妹でした。

佳代は奈々を失踪にみせかけて殺そうとしているのか?ミハンの捜査が始まります。
ミハンシステムが割り出した危険人物、杉原佳代を木野花さんが演じます。

G(20代、女性)

今回もミハンは事件を未然に防ごうと危険人物を見つけ出し、捜査していきます。

今回捜査していく人物は自殺を考えている人たちの相談員である、杉原佳代という女性です。

佳代は失踪に見せかける方法を調べていたり、スタンガンを購入していたりと、怪しいところがたくさんありました。

さらに、10年前に起きた無差別殺傷事件の被害者家族でもありました。
井沢は山内とともに佳代が在籍する法人を手伝うスタッフとして侵入することになります。

L(40代、女性)

香坂の父親の正体がわかるところが、4話の最大の見どころです。

なぜ、彼女があれほどまでに悪を憎むのか。
その理由がわかると同時に、ますます1話での冒頭シーンがわからなくなる展開です。

そして、加々美と香坂の過去や繋がりも何かありそうで、これからのドラマの展開を期待させる内容となっていて、かなり重要になる回だと思います。

事件の被害者の家族のことは気遣うのに、加害者の家族にはほとんどの人が好意的ではないという現実。

もしかしたら、加害者の家族もまた、事件の被害者なのかもしれないと思いました。

第4話みなさんの感想

R(40代、男性)

今回のお話はとても考えさせられました。
犯罪を犯した者は塀の中で守られ、その家族はいつまでも苦しめられます。

実際にこういう事件は後を絶たず、加害者家族に非はなくとも世論は徹底的に叩きます。

ましてTwitterなどのSNSがスマホで簡単に利用でき、情報が拡散される時代においては善が悪に、悪が善にもなりえます。

被害者家族は大変お気の毒ですが、加害者家族も同じか、それ以上に辛いと思います。

4話の最後で香坂朱里が加害者家族だったという事実が分かりました。

彼女の父親が精神を病んで凶行に及んだ理由はまだ分かりません。
香坂は罪から逃げたと言っていましたが、それは正しい選択でしょう。
もしそうしていなければ佐藤奈々のような人生を送ることになっていました。

婚約者の男のミュンセンハウゼン症候群とは本当に厄介なものです。
しかし最後は香坂による厳しいお仕置きが下されたので、スカッとしました。

T(40代、男性)

銀行強盗犯に拘束されて可愛そうな本田翼ちゃんでもありました。
そして、今回は銀行強盗による潜入捜査だったのですが、何とその銀行強盗に加担する銀行員がいたのでした。

勿論、ミハンが調べる中様々な犯人像が浮かび上がり、銀行員もやはり仲間だと解るのでした。
観ていて予想外の展開でしたので、本当に驚きました。

しかし、井沢範人やミハンの活躍もあり無事事件は解決したので本当に良かったと思いました。

U(30代、男性)

被害者家族と加害者家族はどちらも事件によって苦しめられてきたことには変わりはないとわかるものの、その2つが寄り添うことは危険人物としてシステムが示した彼女だからこそ出来ただけで本来はあり得ない話なんだと思います。

ただ一方で加害者家族を食い物にしようとしている人物の存在にも腹立たしい気持ちにはなりました。
善意の仮面をつけて悪意をもって寄り添っているのがよりそう感じました。

システムが危険人物として割り出すべきなのは彼の方だったのではないのかとも思いました。

また、今回の捜査では香坂が今までとは違う動きをしたことでチームの輪を乱すことにもなり、彼女の隠された過去に繋がりがあることが明かされました。

もう少し話を引っ張るのかと思っていたので、すぐに明かされたことで驚きましたが、さらにそこから話が繋がっていくことが明かされたことでより驚きました。

井沢とは未然に犯罪を防ぐという想いは一致していることがわかりましたが、未来では最悪の事態になっていることがすでに明かされているため、あの現場で何が起こったのかがより気になるものになりました。

まとめ

毎回ハラハラさせられますが本当にスリルもあり楽しく見られるドラマですね。
次回も楽しみです。