秘密が多く、展開が読めないこのドラマは、仲間由紀恵がいい味出していますね。
https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html  

第3話あらすじは?

誘拐された瞳(山田杏奈)を救い出すため、圭太(向井理)は由貴子(仲間由紀恵)の指示のもと、自殺した矢吹(中林大樹)が残した帝東建設の不正の証拠を手に入れる。

誘拐犯との危険な取引を前に、圭太は由貴子の身を案じるが、由貴子はそんな元夫の心配をよそに、不正データが入ったUSBを手に、瞳を誘拐した二本松(遠藤雄弥)と対峙する――。

圭太と菜七子(仲里依紗)が瞳の帰りを待ちわびるなか、そもそも、娘が誘拐された原因は、10年前に起きたある事件にあるのでは、という疑念が払拭(ふっしょく)できない圭太は、由貴子とともにこれまでひた隠しにしてきた、10年前の秘密について語り始める。

さらに、圭太が翼(松村北斗)の部屋を訪ねると、10年前の秘密について瞳から相談を受けていた翼は、まるで何かを知っているかのように、圭太に執拗(しつよう)に探りを入れて……。

そんななか、仕事に復帰した圭太は、決して公にされたくない秘密を会社に知られてしまい、取り返しのつかない事態に。
八方塞(ふさ)がりとなり、追い詰められた圭太は、矢吹が残した秘密を武器に、疑惑の誘拐犯へ逆襲に打って出る――! 

公式サイト https://https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html  より

みんな注目する点は?

H(30代、女性)

このドラマは、出演陣がまずみものです。

また、10の秘密といえるほどなので、これからもきっといろいろな真実が出てくると思うと、展開が予測できないところも見どころです。

また、松村さんがピアニストとして演じる役がどう鍵を握るのかも楽しみの1つです。

V(50代、女性)

自殺した建設会社社員のパソコンに残された不正の証拠データを手に入れた圭太。

それを由貴子ととももに利用し、娘の瞳を無事取り返すことができるのか、というところが今回の見どころになると思います。
一方、何度も回想シーンとして挟み込まれる火事の映像。

10年前の火災のようですが、そこに何か秘密がありそうで、それがだんだんと明らかになっていくのが怖くもあります。

建設会社、誘拐犯、謎のピアニストなど、誰も彼も怪しく見え、誰と誰がどう繋がっているのか、謎が多く見逃せません。

U(30代、女性)

2話で快方に向かうかに見えた瞳誘拐事件。
圭太の持つ不正データを武器に由貴子さんが一人で取引を行うものの、どうやら一筋縄ではいかなさそうで…まずは瞳誘拐事件がどう着地するかが気になるところです。

さらに由貴子が持っていることが明らかにされた新たな秘密にも注目。
また2話で一旦はシロに見えた翼も、このまま引き下がるはずはなさそうで、どういった食い込みを見せるのか楽しみです。

そのうえ圭太の職場での立ち位置も危うくなることが示唆されている3話。
日常に戻れない圭太に降りかかる大きな厄災。
スピード感から引き続き目が離せません。

第3話みなさんの感想

Y(30代、男性)

タイトルの通り、毎週どんどん秘密が明らかになっていくドラマだなと思いました。

今までは瞳やその周辺の人物の秘密が多かった気もしますけど、今回は圭太と元妻の由貴子の間の秘密に焦点が当てられており、この人たちも秘密を持っていたなんだなという気持ちになりました。

このドラマは登場人物のほとんどが何かしらの秘密を抱えており、それが徐々に明らかになっていくのかな?と思いました。

このドラマのテーマはやっぱりそういうところにあるので、最終回までどういうストーリーになっていくのか?どういう結末になるのか?は分かりませんけど、最後の最後まで楽しめそうだなという雰囲気をこの回から感じました。

これからは登場人物に関して、全員を怪しい目で見ていかないといけないと思ったのです。

J(40代、男性)

瞳(山田杏奈が)二本松(遠藤雄弥)から由貴子(仲間由紀恵)のもとへ逃げ出した際に思ったのが二本松はどうして刃物で瞳を攻撃しようとしたのかということです。
たしか第2話で二本松は瞳に危害を加えないと言っていました。

結果、由貴子が庇って瞳に怪我がなく済んで良かったです。
それにしても意外と早く瞳が圭太(向井理)のもとへ返されたのには驚きました。

あと10年前の秘密にまさか瞳が関わっていたことには衝撃を受けました。

やはりこのドラマの核は10年前の火災にあるような気がします。
その証拠に瞳の良き相談相手だった翼(松村北斗)も仲良さげな圭太と瞳親子に対し、憎しみのような感情がかいま見えていました。

翼以外にも怪しいなあと思ってします人物もいるので、今後が楽しみです。

C(50代、男性)

向井理演じる白川圭太は、仲間由紀恵演じる元妻仙台由貴子のの協力もあり、娘を取り戻すことができました。
帰ってきた娘は、10年前に起こった火事の件は、私が原因だと話をする。

そのせいで、離婚も誘拐も起こったのではないかと。
圭太は、この火事は、娘が原因ではないと、勿論、離婚の原因も娘が原因ではないと話します。
親子の確執もないと言うことをそこでは認識するのでした。

これで、全てが上手くいくと思った時に、業者から賄賂をもらった件が、圭太の上司にバレてクビになってしまいます。

ここから邪の道に進んで行きます。
由貴子に渡したデータを元に帝東建設の社長に売り込みに行きます。

由貴子は、由貴子でこのデータを元に帝東建設からお金をせしめていました。
裏の裏の裏がありそうなストーリーで気が抜けません

まとめ

また、理想の父親な雰囲気だった向井理が、どういう行動や発言をし、人間らしさが出てくるか楽しみです。