桐谷健太くんの仲井戸豪太が、最高です!1話より2話、2話より3話と面白さがどんどん増してきていて、思わず笑ってしまったシーンが多々ありました。

https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  

第3話あらすじは?

“営業時間中のはずが閉店していたバーの店内で、男性オーナーの刺殺体が見つかった。

連絡を受けて現場に急行した横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)はそれぞれ、初めての殺人事件現場に大張り切り。

検事5年目…初めて大事件に関われるチャンスを逃すまいとばかりに、修平は支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に直訴し、この事件を担当することに。

一方、捜査に貢献したくてウズウズしていた豪太も、横浜桜木署刑事課の面々と共に、神奈川県警捜査一課が主導する捜査に参加する。

 捜査線上に浮かび上がった被疑者は、運送会社に勤務する瀬川大介(薬丸翔)。
県警捜査一課が任意で取り調べると、瀬川は事件当日にバーへ行ったことも、被害者と口論になったこともあっさり認める。

だが、犯行については認めない上に、凶器も発見できず…。
 捜査がこう着状態に陥り、焦りを隠せない県警捜査一課。

“落としの長さん”の異名を取る県警の捜査一課長・見城長一郎(池田成志)は修平に詰め寄り、逮捕の許可を出してくれれば、徹底的な取り調べで凶器の隠し場所を吐かせると言い切る。

だが、逮捕は起訴できる完璧な物証をそろえてから…と、修平は拒否。

逮捕のタイミングをめぐり、刑事と検事の攻防戦が勃発し…!  そんな中、なぜか豪太はガールズバーに通い始め、前のめりで店員・三浦舞(古畑星夏)をデートに誘うようになる。

さらに…! 刑事にとっても検察にとっても、“決してあってはならない事態”が発生する――。

公式サイト https://https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  より

みんな注目する点は?

T(50代、女性)

第3話では、仲井戸が初めての殺人事件に挑むのが、大きな見どころとなります。

被害者が犯行を認めない、凶器も見つからないという困難な状況の中、どうやって解決に向かうのか!?とても面白い展開になりそうです。

仲井戸の熱血・金八刑事ぶりが、初の殺人事件という事もあり、今まで以上に大白熱しそうなのも、見どころです。

そして第3話では、ゲストに薬丸裕英さんと石川秀美さんの長男・薬丸翔さんが容疑者役で出演されます!こちらも注目、そして期待大です。

●名前●(20代、男性)

今回の展開としては、ケイジとケンジ初めての殺人事件としての内容でした。

落しのチョウさんなどの新しいキャラクターが出てきて、今回は非常に新鮮味がありました。

相変わらずの主人公の仲井戸刑事が所轄と捜査一課の垣根を超えて上司に意見していく場面が非常に見どころの一つであると思います。

元教師ということもあり、まいちゃんや瀬川に対する語りかけや聴取の場面もどこか二人に寄り添っている感じがして、すごく人間味を感じられると思います。

最後に、まいちゃんが庇っていた瀬川の犯行を話す場面から瀬川が落ちる場面が今回の最大の見どころだと思います。

Y(30代、男性)

単なる自転車放火の事件と思われた事件が思わぬ方向へと転がっていく回です。

その自転車を所有していた男性は元カノが犯人だと推理し、すぐにその元カノが犯行を認めます。

したがって、事件はすんなり解決だと思われたものの、その元カノに関して自転車放火の被害に遭った男性が、知られざる姿に関して供述をしたため、単なる自転車放火事件では収まらないような事態になります。

実は元カノが犯していた罪はそれ以上のものだった?という驚きの展開になっていくところが見どころです。

第3話みなさんの感想

G(50代、女性)

今回は豪太よりも真島の方が少しだけまともに見えました。

豪太は熱血教師ごとく熱血刑事のはずなのですが、いいカッコをしたいって態度がバシバシ出ていてちょっと引いてしまいました。

それでも捜査会議で一番前に座りたいなんて可愛かったのですが。

そして最終的には犯人瀬川の彼女を見つけたのはお手柄でした。

まだ新米刑事なのに犯人逮捕にはいつも貢献していて大したものです。

容疑者のSNSに載っていた写真の人ならとっくの昔に聞き取りしてるよ、と突っ込みたくはなりましたが、そこはこのドラマの核心です。

豪太のあの楽観的にずれた思考が事件を解決に持っていくのが毎回の見どころだと思います。
初めての殺人事件で慎重になり過ぎている真島がじれったいのは分かりますが、強面刑事みんなで責めるのは可哀想だと思います。

物証は確かに必要なので、それが出てから拘束したいという真島の言い分は分かるような気がしました。
しかし、みんなの前であの泣き言はまずいですね。

一応権威あるエリート検事なのですからその威厳は保ちましょうよ。
特にみなみの事はプライベートなので混同しないで下さいね。

そういえば今回はポルトガルが出てこなくて寂しかったです。
捜査一課も所轄も検事が一緒に打ち上げなんてあるのかなと思いましたが、こんな個性的な人たちがたくさんいたら面白いですね。
お笑いかと思うと真面目な部分もあって、その波が何度もあり楽しいドラマだと思います。

J(30代、女性)

仲井戸と真島、真島と日下、樫村と大貫とあちこちで火花がバチバチしていて、低レベルな争いをしているにも関わらずつい笑ってしまいます。

持丸検事や妹のみなみ等の女性達に、良い所できっちりと締められたり、簡単に手玉に取られるところが面白いです! 真島検事は相変わらず自分のことばかりで、身勝手さと幼さにイライラしてきます。

しかし仮に一緒に仕事をしなければならないとしたら、単純過ぎるので扱いやすい性格だとも思います。

仲井戸も低レベルな作戦で妹にかかっていき、こてんこてんにやられるところは変わらないですが、素直で真っ直ぐな性格のせいか何故か嫌な印象にならずに応援したくなります。

ドラマの内容そのものに惹かれるというよりは、女がスパッと決める瞬間が観たいからかまた次も観ようと思います。

W(40代、男性)

今回もまた事件が起こった訳なのですが、刺殺体とあって非常に怖い展開となりました。

そして、また仲井戸豪太刑事と真島修平検事がそれぞれ奮闘するのですが、何と共に殺人事件現場と言うのが初めてで二人は死体の前だと言うのに大張り切りになるのでした。

私個人的にこのような殺人事件現場で良く刑事などがアレコレ話しているのを見るといっつも不快に思います。

勿論、刑事だからこそ仏さんの前で事件を調べる訳なのですが、もう少し死者に敬意を払っても良いのではないかと思うのです。

ですので、今回の3話ではその事を強く思いました。
そして、また今回も仲井戸豪太刑事と真島修平検事による勃発が起こり、一時期はどうなることやらと思いました。

まとめ

殺人事件は解決しても被害者は戻らないので後味が悪い部分もありますね。

次回はもっと楽しめる事件を取り上げて欲しいなっと思いました。