尾高との関係はどうなっていくんでしょうか?
どうも芸能人のスキャンダルなど世間の騒ぎをイメージしてしまい。二人の純粋な気持ちに気が回らなくていけません。https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/  

第5話あらすじは?

30年前に乃十阿(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場を尾高(柄本佑)と共に訪れたケイト(吉高由里子)。

未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。

翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。

ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。

近隣住民から沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方で、「孫を甘やかしすぎだった」という報道とは逆の証言にも行き当たる。

事件の“本当の動機”を知りたいと思うケイトだが、頑なにマスコミを避ける沖田からは面会申請を断られてしまう。

そんな中、編集部では連載班の小泉(関水渚)が春樹(重岡大毅)に交際を申し込んでいた!春樹はケイトと尾高の関係が気になるが……。そして、沖田に殺された孫・弘人ひろとの周辺を取材していたケイトは、事件の新たな情報を手にする。

さらにスクープへと繋がる糸口は意外なところに隠されていて……。

岩谷(佐々木蔵之介)は沖田本人と話す機会を得るため弁護士の接見について行くようケイトに指示するが、真実への道のりは甘いものではなかった……。

公式サイト https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/  より

みんな注目する点は?

H(40代、男性)

今回の見所は最後のケイトと乃十阿が会話を交わすシーンだったと思います。
前回は遠くから見るだけでしたが、今回は会話を交わしたので、大きな見所だったと思います。

いきなりケイトにお金を要求するというのは、予想外過ぎたと思います。
乃十阿はもっと紳士的な感じかと思っていました。

そして、元警察署長が孫を殺すという事件は、今の時代なら起きかねない事件だと思い、興味深かったと思います。
そして、ケイトと尾高が抱き合ったのも、今後を予感させる展開だと思いました。

D(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、30年前に乃十阿により事件が起こしたキャンプ場にケイトと尾高が訪れるところです。

そして、その翌週には元警察署長であった沖田秀則が実の孫に対してスパルタ教育を行い殺害してしまうと言う何とも恐ろしい事件の裁判をケイトは傍聴席で見ているのでした。

そして更にはケイトはその裁判で反論しない沖田秀則の行動が妙に引っ掛るのでした。
そして、ケイトは早速沖田秀則と面会出来るようにこぎ着けたのでした。

R(30代、女性)

ケイトと実の父親とされるノトアトオルとの関係や事件の真相について進展はあるのでしょうか。

また、元彼とはいえ、ケイトを本当に大切に思っていたことが分かる尾高とケイトの関係にも注目です。

すごくお似合いに見える二人なので、尾高が既婚者であることにやらせないら気持ちになりながら、二人のやり取りを見ています。
予告では、ケイトを許せない理由でフッた春樹にも新展開がありそうな感じでしたのでそこもどう転がるのか楽しみです。

第5話みなさんの感想

W(30代、女性)

まず始めに尾高さんとケイトが2人で事件現場に行った時のやり取りにキュンとしました。

尾高さんのかける言葉がいちいち優しすぎて、また好きになりそうになるケイトの心の葛藤が手に取るように分かって、とっても歯がゆかったです。

また、週刊誌のお仕事については、孫殺しの警察官の祖父が犯した罪は「直感的に何か隠している」「孫が作った爆弾で無差別殺人を止める為に口論になったのではないか」とケイトは推測したけど、本人からの肉声がないからと「自分が調べた真実しか書かない」というプライドを貫いたケイトは凄くカッコイイなと思いました。

次回は不倫を追いかけるみたいだけど、最後の最後に尾高さんとも意味深なシーンが予告で流れていて、増々、続きが気になります。

Q(40代、男性)

柄本佑さん演じる尾高の男前役が良く、不倫まで来てしまいます。
一方の春樹は盛り返すどころかあきらめてしまい、相変わらずだと思いました。

重岡大毅さんがその春樹を演じていますが、社内恋愛などもっと考えてほしいです。
また、吉高由里子さん演じるケイトの酔っぱらい演技があり、楽しい気分になりました。

前は父親の孫の殺害事件などで悪戦苦闘していたケイトでしたが、今回は打って変わり不倫というもので驚きました。
週刊誌記者の不倫ですが、結局は春期は勇気がなくてあきらめてしまったことが物足りなかったです。

このように、以前は重苦しい雰囲気がただようものでしたが、今回はまさかの恋愛物語になりそれぞれの人物の意外な展開が良かったです。

P(40代、女性)

今回は爆破予告を阻止しようとしての殺人ということでしたが、少し腑に落ちない感じがあったと思います。

毎回、この作品は本編のストーリーが弱いような感じがします。
そして、ケイトについてですが、やはり乃十阿との関係が気になります。

名前を名乗り、週刊誌の記者と名乗ったケイトに、いきなりお金を要求するというのは、乃十阿が何を考えているかが全くわからないと思いました。

あまりにも酷い対応だと思いました。
そして、次回予告ではケイトに水をかけているようなシーンもあったので、乃十阿が何をしたのか意味がわからないと思いました。

また、ケイトと尾高の関係も気になります。
今回も一線を超えてしまうような心配があるシーンがありましたが、次回は一緒にホテルということで、もっと危ないと思います。

まとめ

二人の男性が出てくる場合、いい人そうな方が実は悪者で、悪そうな方が実はいい人だったりするんですけど、このドラマはどうなんでしょうね?