10の秘密第5話の注目ポイントとネタバレ

仕事も家族も失った主人公。向井理のようなイケメンがしょぼくれた状況になるというのは「ドラマ」として見るならなかなか面白いものですね。


https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html  

第5話あらすじは?

帝東建設に偽装建築の証拠を突きつけるには、自殺した矢吹(中林大樹)が残した手帳とデータの両方が不可欠。

そのうち手帳はすでに由貴子(仲間由紀恵)が手にしていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)の誘拐事件が、圭太を利用するために由貴子が仕組んだ自作自演だと気づき、がくぜんとする。

金のために娘を誘拐した元妻を激しく非難するが、由貴子は悪びれる様子もなく、すべては新しい人生を始めるためだと話す。

一方、10年前の火事で死者がいたうえに、圭太がその被害者遺族にひそかに金を送っていたことを知った瞳は、娘の罪をひた隠しにしてきた圭太を軽蔑し、家を出て行ってしまう。

仕事も失い、八方ふさがりの圭太は、瞳との生活を取り戻すために金を工面しようと竜二(渡部篤郎)を訪ねる。

しかし、良い返事をもらうどころか、由貴子が盗み出したデータに3億もの売値をつけて取引に成功し、さらに手帳を使ってもう3億を手に入れようとしていることを知る。

あとがなくなった圭太は、由貴子への宣戦布告ともいえる大胆な行動に出る――! 瞳と頻繁にコンタクトを取ろうとする翼(松村北斗)に違和感を覚えた菜七子(仲里依紗)。

その話を聞いた圭太は、翼を詰問すると、自分の過去について、ある告白を始めて……。

公式サイトより

みんな注目する点は?

I(30代、男性)

圭太にとってはかなり厳しい状況になる回と言えます。
というのも、由貴子に裏切られ、娘の瞳には軽蔑をされてしまい家を飛び出され、さらには仕事もないという、とんでもない窮地に追い込まれてしまうのです。

そして、お金をなんとかして集めようと竜二を頼ろうとするものの、それも失敗するということで、踏んだり蹴ったりな状態になってしまいます。

もう後がないと言える状況に陥った圭太はある行動に出ることになりますが、それはどんなものなのか?一発逆転が可能なのか?というのが見どころの部分です。

U(40代、男性)

ついに瞳(山田杏奈)を誘拐したのが由貴子(仲間由紀恵)だということを知った圭太(向井理)ですが、驚くのはそれだけではないようです。

自殺した矢吹(中林大樹)が残していったデータと手帳を元に帝東建設と金銭の取引を成功させていたのです。

その金額はデータのみで3億円にもなり、由貴子は手帳でもさらに3億円を帝東建設に要求していたのです。

はたして本当に由貴子は残りの3億円も手に入れることができるのでしょうか。

また、何かと怪しげな翼(松村北斗)がついに自身の過去について話始めることになりそうなので、この翼が一体何者なのかも気になります。

Y(50代、女性)

勤め先を懲戒解雇になった上に、娘瞳まで自分を嫌い家を出ていき、何もかも失った圭太が、何とか事態をくつがえすことができるのか、元妻由貴子と、あるいは帝東建設を相手にどこまで戦えるのか、そういったところが今回の見どころになると思います。

また、瞳と親しい謎の男翼、彼は10年前の火事と何か関りがあるかに見えますが、一体彼が何者なのか、火事の何を知っているのか、それが明らかになるのではないかと思われるところも楽しみなところです。

第5話みなさんの感想

K(40代、男性)

第5話はとにかく色々なことが起こりすぎて最後まで息をつけなかったです。

まず由貴子(仲間由紀恵)が3億というお金を帝東建設から手にしていたことに驚かされました。

圭太(向井理)は3千万、由貴子は3億、この金額の差を竜二(渡部篤郎)にバカにされた圭太を情けない男と思いました。

しかし、これがきっかけとなり圭太が由貴子の3億を強奪する計画を立てるとは思いもしませんでした。
そしてドラマ終盤には衝撃的事実が待ち受けていたのです。

瞳(山田杏奈)の相談に乗っていた翼(松村北斗)はやはり10年前の火災で犠牲になった女性の息子だったのです。
この事実はこれまでのストーリーを見ていたら何となく想像はできました。

しかし、翼は「訪ねてきた男に母は殺された」と明かしたのです。
この真相が今後の重要なポイントになってきそうで楽しみです。

J(30代、女性)

普通の人生を歩んでいれば、まず手にすることの無い、3億円という大金が絡んだ場合の人間の変貌ぶりは非常に恐ろしいと感じました。

元は夫婦といえども関係がここまで拗れに拗れて、帝東建設からデータと引き換えに得た3億円を奪い合うことになるとは最早虚しいです。

まして、娘をその切り札のように利用する母親なんて信じられないです。
翼が10年前の火事の被害者の息子だったことは、これまでの彼の言動からすれば想像通りの結果だと思います。

しかし彼の母親が亡くなった理由が火事に巻き込まれたからではなく、故意の殺人だったなんて予想外の展開にとても驚きました。

次回予告で映っていた、誘拐したのはお母さんだと瞳に伝えるシーンの続きがとても気になります。
もうこれ以上、娘を傷付けないで欲しいです。

H(40代、女性)

今回はショッキングな内容でした。
まさかの由貴子が自作自演の犯行だとは夢にも想像していませんでした。

圭太は勿論のこと、観ていた私も愕然としました。
圭太をただただ利用するためだけに娘を誘拐するなんて全く考えられなかったです。

もしも、現実的にこのような人間がいたならば本当に恐ろしいことだと思いました。

また、普段は人の良さそうな仲間由紀恵さんがこんな悪役をするなんてイメージと違い非常に怖くなりました。

平気で嘘をついたり、または元旦那をここまで追い詰めるのですから普通ではやはり考えられませんでした。
また、渡部篤郎さんも悪いのでこれまた残念な結果となりました。

本当にひとり圭太が不憫でなりません。
是非、次回も楽しみに観たいと思います。

まとめ

仲間由紀恵といえば、昔、悪そうな女の人の役で毎週ステーキ食べるシーンがあったドラマがありましたよね。あの薄気味悪い役を思い出しました。
怖い時は怖い女優さんなんだなぁ。