ケイジとケンジ 所轄と地検の24時第4話のネタバレと見どころ

4話目は刑事課に警察24時という密着取材が入ります。
そのせいで刑事課の皆は気合が入りまくりです。


https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  

第4話あらすじは?

“ 横浜桜木署の刑事課にテレビ番組の密着取材が入ることになった。

刑事課のメンバーはカメラを意識して何かとカッコつけるが、大した事件の通報もなく、空回り感が否めない。

そんなとき、仲井戸豪太(桐谷健太)が放火の通報を受け、刑事課メンバーは大張り切り。

ところが密着カメラを従えて現場へ駆けつけると、被害状況はマンションに置いてあった原動機付自転車の前輪が燃えただけ…。

 やがて原動機付自転車の持ち主・太郎丸直樹(大東駿介)が帰宅。
豪太が事情を説明し、犯人に心当たりがないか尋ねると、太郎丸は2カ月付き合って別れたという元カノ・石田貴理子(阿部純子)の名前を挙げる。

ところが…兄である豪太からこの話を聞いた立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)は、開いた口がふさがらない状態に! それもそのはず、何の因果か太郎丸は3カ月前までみなみが同棲していた男だったのだ――。

 一方、みなみに一方的な恋心を寄せる検事・真島修平(東出昌大)は、彼女に3カ月前まで恋人がいたことを初めて知り、ショックで心ここにあらず…。

公式サイトより

みんな注目する点は?

D(40代、男性)

桐谷健太が演じる仲井戸豪太が放火事件の通報を受けます。

そして現場に駆け付けると原動機付自転車が燃えていて、その持ち主が何と比嘉愛未が演じる仲井戸みなみの元彼の大東駿介が演じる太郎丸直樹でした。

みなみは太郎丸と3ヵ月前まで同棲をしていたので、それを知った東出昌大が演じる真島修平はショックのまま心あらず状態になってしまいます。

そうした状況の中で加害者である阿部純子が演じる石田貴理子が送検されてきます。

真島は器物損壊罪か放火罪かを見極めるために加害者だけでなく被害者からも聴取をします。

だがそのことから、太郎丸から貴理子の知られざる一面を聞かされて思わぬ方向へと舵を切ることになります。

O(20代、女性)

今回の事件の被害者は豪太の妹のみなみの元同棲相手? 刑事の豪太と検事の修平はみなみの元彼の原動機付自転車が燃やされた事件を担当することになります。

犯人はみなみの次に付き合っていた元カノだと判明しますが‥ 器物破損罪などの聴取が行われる中、元カレがもっと罪が重くなるような過去の元カノの誰にも知られていない一面を語り出しました。

果たしてその元カノの知られざる一面とは? また、元カレの犯行動機は? 主役の2人が真相に迫ります。

W(40代、男性)

桐谷健太さん演じる豪太はテレビの密着取材が決まり、強行犯係の面々は放火の知らせに全員で出動して大騒ぎします。

やがて、放火された原動機付自転車の持ち主は大東駿介さん演じる直樹で、比嘉愛未さん演じるみなみの元恋人です。

そして、犯人は直樹から短期間で振られた阿部純子さん演じる貴理子だと分かりました。

このため、みなみの恋愛事情に東出昌大さん演じる修平は落ち込み、検察にやって来た直樹をにらみつけますが話を聞くと内容が意外で豪太に調査を頼みその後の展開が見どころです。

第4話みなさんの感想

R(40代、男性)

豪太のセリフが心に響きました。
「再犯させないのが俺たちの仕事じゃないのか」という趣旨の言葉です。

確かに本当に大切なのは、法を犯してしまった人間に二度と過ちを繰り返させないのが司法の役割だと思います。

修平が石田貴理子に伝えた「同性の本当の友達を作ってください」という言葉にはとても重みがありました。

彼女には恋人よりも何でも言い合える友人が必要です。
軽微な罪で起訴してもらえたのですから、彼女はきっと立ち直ることができるでしょう。

それにしても、みなみの元カレの太郎丸直樹は正直ひどい男だと思います。

なぜあの様なチャラい男と、付き合ってしまったのかは気になりました。

最終的に豪太と修平、みなみの3人の力で、一番良い道を石田貴理子に歩ませてあげることになった素晴らしい回でした。

T(50代、男性)

テレビの密着取材が入った刑事課の面々が、番組に映りたくて浮き足立つ様子が滑稽で面白い反面、豪太が担当した女性の別れた男性のバイクへの放火は、犯罪を犯す犯人に再犯を犯さないようにと苦慮する豪太や真島のシリアスな面が感じられました。

その判断の裏に、豪太の刑事としての容疑者の女性の身辺調査の裏付けと、みなみに助言を受けた真島のこれまでとは違う人をみようとする姿勢が感じられました。

男女の別れ話に端を発した事件に、検事の真島を演じる東出さんが、みなみと過去に同棲していた太郎丸と対峙して狼狽する真島の姿と罪状を女性に伝える姿のギャップが、これまでの真島の姿とは違い検事らしさが感じられました。

また、世間に顔を晒すと捜査に支障が出る刑事課の密着取材の番組では、署長がアップとなるツボも抑えられているように感じました。

Y(30代、男性)

これまでは刑事と検事という立場の違いを明確に分けて対立する姿を描いていましたが、今回はそういう立場の違いを取り払って話をする場面があり、こういう展開があるのなら今後に少し期待が出来そうだと感じました。

三人で膝を突き合わせて話をすることで生まれた考えを真島なりに砕いて被疑者に伝える姿もよかったです。

あなたがしたことはわかっているのだと言葉でハッキリとは言わず、けれど、再び同じことを繰り返さないように変わっていってほしいとアドバイスを伝える姿はカッコよく思いました。

上っ面だけではない本当の言葉だったことで被疑者にもきちんと伝わっていたのだと思います。

一方で仲井戸はみなみのことを何だと思っているのか、と感じる場面がありました。

これまでもひどいことをしていましたが、みなみに好意を寄せる真島を彼女に黙って部屋に入れるのはどうかと思いましたし、自分が密着取材でテレビに映るために妹を売ろうとしていたので、兄としてというよりも人としてどうかと思いました。

元教師らしい活躍がなかったので、よりそういう部分が気になったのかもしれませんが、みなみはもっと怒っていいと思います。

まとめ

情けない姿を描かれることが多かったですが、今回の真島は本当によかったですね。