アライブ がん専門医のカルテ第5話のあらすじとネタバレ

アライブ がん専門医のカルテ 5話は、主役二人の関係にも変化が起き、対立というか壁というか溝が、はっきりとしてきます。


https://www.fujitv.co.jp/alive/  

第5話あらすじは?

“恩田心(松下奈緒)は阿久津晃(木下ほうか)のアドバイスできちんと忌引き休暇を取り、京太郎(北大路欣也)、漣(桑名愛斗)たち家族と、匠(中村俊介)を亡くした悲しみを共有することが出来た。

そうして腫瘍内科の勤務に戻った心に、ジャーナリストの関河隆一(三浦翔平)が接触してくる。
心は、腫瘍内科の取材と聞いて引き受けたのだったが、関河が実際に知りたかったのは関東医科大学で梶山薫(木村佳乃)が起こしたとされる医療過誤問題だった。

しかし、心に思い当たる節はなく、取材の件を薫に話して関河には気をつけるようにと話す。
そんな心と薫の会話を高坂民代(高畑淳子)が聞いていた。

 そんな折、心が新たに担当したのは長尾春香(遊井亮子)という女性患者。
はっきりとした治療期間を知りたいと訴える春香に、心は患っている粘液型脂肪肉腫は希少がんの一つで全般的に抗がん剤が効き辛く、使用できる薬は副作用が強いので入院も必要になりそうだと説明する。

しかし、春香は仕事があるので入院は無理だと頑なだ。
 一方、関河は須藤進(田辺誠一)にも取材を敢行。
時を同じくして、心たちの病院でも薫が何か問題を起こして病院を移ったらしいと噂が広がっていきー。

公式サイトより

みんな注目する点は?

V(30代、女性)

夫の忌引休暇を家族で過ごし、匠を亡くした悲しみや記憶を共有できた心は、腫瘍内科に戻ってきます。

そんな心に取材の依頼がきます。
腫瘍内科の取材と聞いて引き受けた心でしたが、ジャーナリスト関河が本当に知りたいのは、関東医科大学で薫が起こした医療過誤についてでした。

思い当たることのない心は、薫に関河について気を付けるよう心配します。
そんな2人の会話を高坂が聞いてしまいます。
心の新しい患者・長尾ははっきりした治療期間を知りたいと訴えます。

心は、長尾の腫瘍は希少な腫瘍であることから、入院治療が必要であると思うことを伝えますが、長尾は仕事があるから入院はできないと言い張ります。

また、関河は関東医科大学の須藤にも薫の医療過誤について取材をします。
心の病院でも、薫が何か前の病院で問題を起こしてここへきたらしいと噂が広まってしまいます。

H(30代、男性)

心が担当することになった新しい患者は患っている病気からして入院を必要とするものでした。

ただ、患者本人としては仕事のことがあるので、入院をすることはできないと言ってくるのです。

病気を治すためには入院をしながら治療をしていかないといけない状況ではあるものの、それを頑なに拒否する患者がいるのです。

心はどうやって説得をするのか?どうしたら理解をしてもらえるのか?医者の腕の見せ所とも言える部分に非常に注目と言えるでしょう。

J(20代、女性)

夫を亡くした心は忌引休暇を取り、義父と息子と家族を亡くした悲しみを共有する時間を持つ事が出来ました。

休暇を終えて病院に戻ると、関河と名乗るジャーナリストに取材を受けますがその内容は薫の起こした医療過誤問題についてでした。

薫はこの件に関して関河には注意するように心に言っただけで何も語りませんでしたが、その会話を心の担当患者が聞いてしまっていました。

そして、病院内では薫に関する噂がどんどん広がっていきました。
今後心と薫はどうなっていくのかが注目点です。

第5話みなさんの感想

R(20代、女性)

今回は、衝撃的なラストで驚きました。
心と薫の間に大きな溝ができたような感じですよね。

これからどうなっていくのか心配です。
ジャーナリストの隆一がなんだか不思議な空気感でいつも面白く見させてもらっています。

今回の患者さんは希少がんの患者さんでした。
やっぱりがんと聞くと怖いのですが、いつも心はじめ周りの先生たちの優しい声かけや励ましが素敵で、実際にこんな先生たちがいたらいいのになと思ってしまいます。

抗がん剤治療の話も出てきたりして、とってもリアルでした。
実際に経験されている方々もこの世の中にはたくさんいると思いますが、乗り越えてきた方々を本当に尊敬してしまいます。

あんなにつらい病気を乗り越えられるなんて。
すごいです。
今後も心たちの患者さんたちへの優しい関わりが見れることを楽しみにしています。

E(30代、女性)

前話では心先生が夫の死の悲しみを仕事にぶつけていて、今までとは違う印象でハラハラしたところがあったので家族を一緒に過ごすことで少し一息がつけて良かったです。

でもその矢先にジャーナリストが近づいてきたり、さらにそれを等の本人である薫先生に話すところは息苦しさがありました。

ずっとばれたらどうなるのだろうとドキドキしましたし、最後の打ち明けるシーンは息を呑んで見入ってしまいました。

両方の気持ちがわかるし、まだ旦那が亡くなって日が浅いのでもう少し時間がたっていたら良かったのにとまで思いました。

W(50代、男性)

事故に遭った夫の病状に苦しむ心に、さりげなく近づいた薫が抱えている秘密をジャーナリストの関川から知らされた心が動揺することなく、薫に注意するように助言する状況には心の薫への信頼感が感じられました。

その一方、薫が時折見せる影のある表情には、どうやっても取り返せないミスに対する苦悩が感じられました。

しかも、自分の父親が医療過誤で亡くなった件で訪れた関係者に対して、咄嗟に「なぜ謝罪しなかったのか」と責めながら、自分の立場と状況を重ねたような表情が印象的でした。

意を決して、自分のミスを告白した薫に対し、心が困惑し、これまでの信頼感が究極の不信感となり「消えて」という言葉で発せられたのも、当然のように感じられました。

まとめ

今回は希少がんがテーマで、自分も色々思い込みがありましたが、このドラマはそれを冷静に訂正してくれるのでがんはまだ怖いけど、以前よりは勉強して正しく怖がろうと、少し冷静にとらえられるようになりました。