知らなくていいコト第6話の今後の展開とネタバレ

父親である乃十阿徹に会いに行ったケイトですが、果たして事件の真相が分かるのでしょうか。


https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/  

第6話あらすじは?

自分が杏南(秋吉久美子)の娘だと乃十阿の(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。

しかし乃十阿は突然ホースの水をケイトに向ける!!心配して駆けつけた尾高(柄本佑)は、乃十阿がなぜ事件を起こしたのか“本当のこと”が知りたいというケイトの言葉を聞き、当時乃十阿の担当をしていた弁護士・高村(平田満)の元にケイトを連れて行くが……。

そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。

二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。
しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて……。

早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。
そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが……。

その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する……。

翌日、岩谷(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが……!?

公式サイトより

みんな注目する点は?

A(30代、女性)

父親が起こした事件現場を見に行くなど、ケイトはもっと父親のことを知りたいと考えて会いに行きます。

しかし娘だと名乗ると、無言で水をかけられて拒絶されてしまいショックを受けます。

尾高はケイトのことを心配して一緒に、父親について調べてくれることになります。

ケイトは仕事では不倫ネタについて調査を行いますが、いつも困ったときには傍にいてくれる尾高への気持ちが強くなっていきます。

尾高は既婚者なので、ケイトとの関係がどの方向に向かっていくかが見どころです。

E(40代、男性)

5話でケイトは孫を殺害した沖田の真相(確証はありませんが)を知り、乃十阿徹も自分の人生を犠牲にしてでも守らなければいけない「何かが」あるのではないかと推測したのでしょう。

乃十阿は会いに来たケイトにお金を要求しています。
彼はあえて自分に娘を近づけようとしないのかもしれません。
乃十阿が起こしたとされる事件は家族を守るための殺人だったのか、それとも本当は冤罪なのか現時点では分かりません。

真壁ケイト役「吉高由里子」さんと乃十阿徹役「小林薫」さんの演技力に注目です。

W(50代、女性)

尾高を思う気持ちがだんだんと大きくなっていくケイト、普段は芸能人の不倫を追う立場の芸能記者なのに自分自身が不倫に陥ってしまうのか、尾高とケイトの恋の行方が見どころになると思います。

また、父乃十阿徹に自分は娘であることを伝えるケイト。

父娘関係は本当なのか、2人の間でどういった会話が交わされるのか、また父は本当に殺人犯なのか、父の事件を追っていくことになるだろうと思われまずが、真相にどれだけ近づくのかも楽しみなところです。

第6話みなさんの感想

R(40代、女性)

やっと父親との邂逅…と思ったらどうなんでしょうこの父親の態度。

でも娘と知らず失礼な週刊誌の記者ならこれくらいありかしら?いや暴行になるのではなかったでしたっけ、などと考えている内に、元カレ柄本佑さん登場。

今週こっきりのお話は、絶対にモデルが居る・あるよね!と思いました。

人気棋士、奥さんの持ち込みと性格、不倫、ラインネタなど現実とのリンクで面白かったです。

暗号、チームワークを発揮してターゲットを追う、不倫相手の女性の啖呵と人気棋士の態度、それからの奥さんの態度はドラマドラマしていましたが、ワイドショーはまた現実を揶揄するかのようで笑ってしまいました。

T(40代、男性)

桜庭の不倫問題を追っている最中、気持ちは完全に尾高に向かってしまっているケイトが不憫でした。
身体の関係は無くとも心は完全に尾高に奪われています。

「お母さんも不倫、私も不倫、仕事も不倫」というセリフはせつなかったです。

桜庭と吉澤の不倫に関しては、世間的にも道徳的にも良くないと思います。
しかしながら、ケイトが言うようにイースト相手に自分の気持ちをぶつけるとは、あっぱれの一言です。

野中は尾高を遠くから見つめるシーンがちょくちょくありますが、真意が気になります。

尾高はPCの中にケイトと付き合っていた時の写真を残し、結婚していても気持ちが残っていたのがはっきりしました。

二人はラスト激しいキスを交わしましたが、一線を越えてしまったのでしょうか?なんとも表現しがたい気持ちになってしまいました。

Q(30代、女性)

乃十阿徹に会いに行った真壁ケイトが水をかけられて凍えながら帰っている途中に尾高由一郎が助けに来たシーンはキュンとしました。

ナゼ、別れた恋人にこんなにまで優しくできるのか、尾高さんの安定の優しさに毎度キュンときます。

また、今回は有名な棋士と女優の不倫を追いかけた内容でしたが、奥さんの裏工作(イーストへの暴露)にもギョッとしました。

奥さんのストレスも相当な思いだったけど、絶対、外でデートできない不倫相手の女優のストレスもちょっと共感できる部分がありました。

高地(地方公演)の時に外でプレゼント渡して、手を繋いで普通のデートがしてみたかったのかなーなんて思いました。

そして「この不倫をスクープして誰が幸せになるんだろう」と揺らぐケイトの気持ちも、仕事だからと立て直すモチベーションの高さ。

女性として、記者として、今を一生懸命に生きている感じがカッコイイなと思いました。

次回はケイトが刺され事件になるみたいですが、最後の最後にキスしていた今後のケイトと尾高さんとの関係も気になります。

まとめ

このドラマ、柄本佑さんがカッコ良いです。
ドラマ開始当初は決してイケには見えなかったのに、役柄マジックすごいです。