トップナイフー天才脳外科医の条件ー5話のネタバレと感想

トップナイフー天才脳外科医の条件ー5話は「命を取るか才能と取るか」です。
惜しいと思うような才能を持ったことがないので、命より大切に思う気持ちが分かりませんが、憧れるなあとは思いましたね。


https://www.ntv.co.jp/topknife/  

第5話あらすじは?

かつて自分が失敗した母親のオペを黒岩 くろいわ(椎名桔平)が再手術し実力の差を目の当たりにした西郡 (永山絢斗)と、来島 (古川雄大)への恋に心乱されて勉強に集中できない幸子 (広瀬アリス)。

深山 (天海祐希)は自分の“才能”に自信をなくした若手ドクター二人を気にかけるが……。

そんな中、テレビでも活躍する天才ピアニスト景浦祐樹(柿澤勇人)が耳が聴こえにくいと病院に訪れる。

巨大な聴神経腫瘍が見つかるものの、景浦は命よりも聴神経と顔面神経の温存を希望する。

黒岩でも難しいオペが予想される中、なぜか今出川(三浦友和)は西郡を執刀医に指名して……。

プレッシャーを感じる中、オペのシミュレーションに励む西郡は自宅のベランダから落ちた救急患者・根岸麻理恵(大西礼芳)を診察する。

西郡から自殺しようとしたことを見抜かれた麻理恵は、音大の同級生の景浦と比べて、自分には才能がなくピアノ講師の職も失って自暴自棄になっていたことを告白する。

才能がないのではなく諦めているから差がついたのだ、と厳しい言葉をかける西郡。
その言葉は激励のようでもあり……。

一方、幸子の様子を見かねて恋愛相談に乗った深山は、「来島と寝た」と聞いて遊び人の来島に事情を聞きに行くが……!そして、元交際相手から息子・保を押し付けられて共同生活を続ける黒岩は、自分の子供ではないことを証明するため、DNA鑑定を受けることに……。

公式サイトより

みんな注目する点は?

Y(40代、男性)

見どころは、西郡が【患者の才能を取るか、命を優先すべきか】と苦悩するところです。

西郡が担当する根岸麻理恵はピアニストとして華々しく成功することが夢でした。

ですが、彼女は、ピアノ講師の仕事を打ち切られて、夢どころか食べていくのがやっとです。

麻理恵は、3階から転落して東都総合病院に搬送されました。

事故ということになっていますが、麻理恵は絶望して身を投げたのではないか?と感じます。

そういったことで、麻理恵の暗い表情が身につまされてしまいました。
そして、麻理恵は、作曲家に転向します。
デビューの話が舞い込んで、作曲の才能があったと喜ぶ麻理恵です。

ですが、その才能は、脳腫瘍による後天的なサヴァン症候群でした。
私だったら、作曲の才能より命が大事だなあと思いました。

ですが、麻理恵は、才能を失うなら死んだ方がマシと西郡に訴えています。
なので、命より才能と訴える麻理恵に苦悩する西郡が、5話の見どころと考えました。

N(30代、女性)

才能とは、を考えさせられる回であり、才能を持っている人と平凡な人の違いを見せつけられる回です。

母親から才能がないと言われた西郡先生が自分に言い聞かせるように患者に「諦めるな」「逃げるな」と後押しします。

平凡でも平凡なりに生きていかなければいけないと深山先生に言われた直後、西郡先生が後押ししていた患者の花開いたと思われた才能が腫瘍によって起きている症状だとわかり、自分は平凡だと認めざるをえないというところで切なく終わります。

最後のダンスシーンで、JUJUが登場しており、これも今回の見どころの一つです。

Z(50代、女性)

『トップナイフ』5話の見どころは、4話の最後に「小机と来島が・・?」で終わったので、その続きが明らかになります。

もう一つの見どころは、興味深い症例です。
今回は、「後天性サヴァン症候群」の患者が出てきます。

サヴァン症候群は別名「天才病」と言われ、人並み外れた計算力・記憶力など症状は様々ですが、生まれつきではなく「後天性」があると知らない人も多いと思いますので、必見です。

今回の発症原因は、脳腫瘍からの出血です。
つまり、この腫瘍を取ってしまえばサヴァンは治るのですが、本人は「自分の才能」と思っていたものを失うということで、担当医師の西郡も、本人に話すのがとても辛そうでした。

何故なら、「自分には医者としての才能がない」と苦しむ西郡は、この患者が才能だと思っていたものを、「実はそうではない」と突きつけなければならなかったからです。

4話で、母から「才能がない」と言われてしまった西郡は、「自信喪失」の傾向が出ています。
その変化にも注目です。

第5話みなさんの感想

X(30代、男性)

西郡に対しての母親の態度は西郡をどうしたいのかがわかりませんでした。

才能がなく平凡であることを認めさせましたが、病室を出た西郡を見ていた母親の表情にわずかながら変化はありましたが、それが何を意味しているのかが伝わりませんでした。

その上、今出川の労うような拍手に涙を流す姿もあり、それぞれがどのような意味を持つのかがわからず混乱してしまいました。

平凡であるということをまず認めることが必要で、才能があると思い込んでいる人間はそれを否定したところから努力を始めなければ意味がない、ということなのだろうかと感じはしました。

ただ、それに対して今回の患者のその後が描かれていないため、そういう解釈でいいのかわからなくなりました。

どちらも自分には才能がない、というところと向き合っていくことになりましたが、一人は吹っ切れたような顔で病院を去っていくことになっていたものの、それが諦めからくるものなのかもしれないためハッキリせずスッキリしませんでした。

もう一人も絶望したような顔をしていましたが、より才能に固執してしがみつくかもしれないので、そちらもスッキリしませんでした。

それぞれ何を想っていたのか、彼らのその後がどのようになるのか描かれていてほしかったです。

C(30代、男性)

今回は、自信を無くしていた西郡が難手術を成功させ、その後急遽オペが必要となった景浦のマネージャーのオペで失敗し、黒岩に窮地を救われたことで、改めて自分に才能が無い事を思い知らされるシーンが何とも言えず辛かったです。

でも、今回西郡が自分の実力を受け入れた事でこれで前に進んでいけるきっかけになったと思います。

これをきっかけに、次週以降で西郡が大きく成長しうていく姿が見られるのを期待したいです。

そして、西郡が励ましてきたもう一方の患者、根岸 麻理恵の結末も少し悲しい結末となり辛かったです。

根岸が開花したと思われた才能が、実は脳にある腫瘍の影響でサバン症を併発していたことが原因となり、急に作曲出来るようになったという事実はキツイ現実でした。

才能が無くても生きていかなきゃいけない。
どんなに凡人でも生きていくしかないという事を教えられた回だったと思います。

個人的には、西郡が根岸に向けた励ましの言葉「逃げるな、簡単に諦めるな自分を!」という言葉がとても感動しました。

今回のラストに黒岩の家で預かっている子供がDNA鑑定の結果、自分の子供である事が判明しましたのでこの先、この子と黒岩がどうなっていくのか楽しみにしたいと思います。

B(40代、男性)

今回は非常に深山演じる天海祐希さんが格好良かったと思いました。
また、心の優しい気使いの出来る人だと言うことが良く解った内容でした。

若いドクターがオペに自信を持てなくなり落ち込んでいるところを深山先生が救うのですから最高に良かったと思いました。

また、医者だけではなくこのような人がもっとたくさんいれば更に現実的にもこの世界は良くなるだろうとも思いました。

ミスは誰でもするもので、大事なのはその後でどうするかが何処の世界でも大事だと言うことが改めてドラマを観ていて思い出されました。

まとめ

このドラマでは脳を扱うのではミスは絶対に許されないの厳しい世界です。
次回もまた楽しみに観たいと思います。