「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 」。
私の注目ポイントは桐谷健太です。
もっと活躍してほしいなと思っていたのでドラマ主演大歓迎です。
https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  

第1話あらすじは?

“体育教師から警察官に転職し、横浜の交番に勤務している仲井戸豪太(桐谷健太)はある日、商店街で包丁を振り回していた暴漢を現行犯逮捕。
県警本部長から表彰される。

しかも、勢いづいた豪太はその場で本部長に直訴し、横浜桜木署の刑事課へ異動! 強行犯係に配属され、ずっと憧れていた刑事として新スタートを切る。
 さらに異動初日から、豪太の勢いは止まらない。
一昨年末から世間を騒がせている連続空き巣犯を早く捕まえろ、と市民が苦言を呈していると知るや発奮。

強行犯係の管轄外にもかかわらず、自分が犯人を捕まえると宣言し、地道な捜査を開始したのだ。
ところが…ついに犯人を逮捕した豪太は、その顔を見てがく然とする。
なんと連続空き巣犯は元教え子・滑川秀幸(馬場徹)だったのだ…!  一方、横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、片思い中の立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)の気を引こうと猛アプローチするも、ピントがズレまくりで全然刺さらない日々。
何より、検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りが募っていた。

 そんなとき、修平は送検されてきた滑川を担当。
余罪を追及すると、1年前に空き巣目的で入った家で、年老いた家人と鉢合わせになり、突き飛ばして逃げていたことが判明する。

しかも、修平が桜木署に問い合わせると、その老人は直後に亡くなった状態で発見されていた、というではないか! これは強盗致死、あるいは強盗殺人の可能性もある――そう考えた修平は功名心から、自分が立証すると名乗りを上げ…!? “

公式サイト https://https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  より

みんな注目する点は?

I(40代、女性)

NHKの朝ドラ「まんぷく」に出演していた桐谷さん主演という事で以前から、このドラマには注目していました。

しかも桐谷さん演じる仲井戸は教師を辞めて刑事になりました。
どんな熱血刑事を演じるのか今から楽しみです。

そして同じく主演の検事真島を演じるのは大人気の俳優東出君です。
頭が良すぎる検事真島は、検察事務官の仲井戸みなみに好意を寄せていますが彼女は何と仲井戸豪太の妹です。

どう考えても気が合わなさそうな二人が力を合わせて事件を解決するシーンを見るのが今から楽しみです。

H(40代、女性)

見るからに破天荒な刑事と、かっちりとした髪型にスーツの検事。
この2人を桐谷健太さんと東出昌大さんが演じます。
番宣を見る限りでは、水と油感がすごかったので、どんな風に2人がぶつかっていくのか楽しみです。

検事役の東出昌大さんにも功名心があり、刑事よりも自分たちの方が上というような高飛車な気持ちもあります。

刑事役の桐谷健太さんにも、暑苦しいほどの正義感と、野心があります。
2人がぶつかり合う事は、おおよそ想像がつくのですが、この2人がどんな風に絡み合って事件を解決していくのかわくわくします。

また反発し合う刑事と検事なのですが、それぞれの上司同士も繋がりがあり、刑事の妹が検事の想い人という関係もあり、この周りを固める人たちとの絡みも楽しみにしています。

B(20代、男性)

桐谷健太が刑事役、東出昌大が検事役でバディを組み、事件解決をしていくドラマです。
それぞれの個性が強いので、見ていて痛快かつ共感できる部分も多いかと思います。

元体育教師で熱血漢の刑事、超エリートの検事という全然違う2人のバディがどんな風に事件を解決していくのかが最大の見所ですね。

ヒロインも登場して、恋愛模様もドラマの中に出てくるのかも期待しています。
警察と検察という2つのグループが描かれるので今までにない刑事ドラマをワクワクしています。

第1話みなさんの感想

V(40代、男性)

豪太の熱血刑事ぶりが凄く良かったです。
検事の真島は野心がありながらも、法に従った決断をしたのには感心しました。
豪太に関しては自分の元教え子が犯罪者として現れたのですから、とても辛かったと思います。

情が入るのも無理はありません。
実際のところ滑川のせいで老人が亡くなったのかどうかは分からないので、警察も検察も事実はわからないでしょう。
ドラマ全体を通して、コメディ要素が多く、たいへん面白い刑事ドラマでした。
ところどころ、名作刑事ドラマのオマージュかな、と勘ぐってしまうキャスティングや、セリフ回しを感じました。

いわゆる旬のイケメン俳優が主役ではありませんが、脇を固める役者人も豪華で文句がありませんでした。
みなみに相手にされない真島と、豪太との掛け合いがこれからも楽しみな作品です。

X(40代、男性)

このドラマでは刑事と検事が対立すると言う面白いストーリーと思いました。
また、その刑事役にはあの個性的俳優である桐谷健太さんとあり、非常に引き込まれていきました。

また、検事にはあのイケメン俳優である東出昌大さんとあり格好良い検事と思えました。
そして、この二人がひとつの事件になった強盗致死なのか強盗殺人になるかを追求していくところが非常に面白かったです。

そして、更にまたこのイケメン検事には好きな女の子がいるのですが、アプローチするも全然相手にされずこれまた面白い展開だと思いました。

そして、その相手にしない女の子役がまた事務官役の比嘉愛未ちゃんで非常に可愛いかったのです。
本当に最後まで目が離せませんでしたので是非また次回も観たいと思いました。

R(30代、女性)

桐谷健太のキャラ設定がとても面白く、本人のキャラクターとも合致している気がして、安心して見れます。

もう一人の主役の東出昌大との繋がりも兄妹と上司とは、なかなか良いと思います。
どちらもカッコイイ見た目とは違い、少し鈍臭いというかズレているところも共通していて見物です。

桐谷の感情丸出しですぐに泣いたり怒ったり忙しいですが、現実世界であんな風に感情表現するのは相当難しいので、羨ましくも感じます。

周りから見れば似ている主役の二人なのに、仕事とはいえ本人同士は激しい言い争いになるとは驚きです。
今後二人が仲良くなるのか、このまま平行線なのか、比嘉愛未がどんな影響を与えるのか楽しみです。

主役二人の職場の関係者もそれぞれに個性があるので、見応えがあって個人的に好きです。

まとめ

刑事と検事の組み合わせって面白そう!って思っていたけれど、実際とても楽しくて面白かったです。今後も期待大です。