ネタバレ必見!ケイジとケンジ 所轄と地検の24時の見どころ。動画配信もあり!

桐谷健太くんの仲井戸豪太が、最高です!1話より2話、2話より3話と面白さがどんどん増してきていて、思わず笑ってしまうシーンが多々あります。

第1話あらすじは?

“体育教師から警察官に転職し、横浜の交番に勤務している仲井戸豪太(桐谷健太)はある日、商店街で包丁を振り回していた暴漢を現行犯逮捕。
県警本部長から表彰される。

しかも、勢いづいた豪太はその場で本部長に直訴し、横浜桜木署の刑事課へ異動! 強行犯係に配属され、ずっと憧れていた刑事として新スタートを切る。
 さらに異動初日から、豪太の勢いは止まらない。
一昨年末から世間を騒がせている連続空き巣犯を早く捕まえろ、と市民が苦言を呈していると知るや発奮。

強行犯係の管轄外にもかかわらず、自分が犯人を捕まえると宣言し、地道な捜査を開始したのだ。
ところが…ついに犯人を逮捕した豪太は、その顔を見てがく然とする。
なんと連続空き巣犯は元教え子・滑川秀幸(馬場徹)だったのだ…!  一方、横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、片思い中の立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)の気を引こうと猛アプローチするも、ピントがズレまくりで全然刺さらない日々。
何より、検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りが募っていた。

 そんなとき、修平は送検されてきた滑川を担当。
余罪を追及すると、1年前に空き巣目的で入った家で、年老いた家人と鉢合わせになり、突き飛ばして逃げていたことが判明する。

しかも、修平が桜木署に問い合わせると、その老人は直後に亡くなった状態で発見されていた、というではないか! これは強盗致死、あるいは強盗殺人の可能性もある――そう考えた修平は功名心から、自分が立証すると名乗りを上げ…!? “

公式サイト https://https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  より

みんな注目する点は?

I(40代、女性)

NHKの朝ドラ「まんぷく」に出演していた桐谷さん主演という事で以前から、このドラマには注目していました。

しかも桐谷さん演じる仲井戸は教師を辞めて刑事になりました。
どんな熱血刑事を演じるのか今から楽しみです。

そして同じく主演の検事真島を演じるのは大人気の俳優東出君です。
頭が良すぎる検事真島は、検察事務官の仲井戸みなみに好意を寄せていますが彼女は何と仲井戸豪太の妹です。

どう考えても気が合わなさそうな二人が力を合わせて事件を解決するシーンを見るのが今から楽しみです。

H(40代、女性)

見るからに破天荒な刑事と、かっちりとした髪型にスーツの検事。
この2人を桐谷健太さんと東出昌大さんが演じます。
番宣を見る限りでは、水と油感がすごかったので、どんな風に2人がぶつかっていくのか楽しみです。

検事役の東出昌大さんにも功名心があり、刑事よりも自分たちの方が上というような高飛車な気持ちもあります。

刑事役の桐谷健太さんにも、暑苦しいほどの正義感と、野心があります。
2人がぶつかり合う事は、おおよそ想像がつくのですが、この2人がどんな風に絡み合って事件を解決していくのかわくわくします。

また反発し合う刑事と検事なのですが、それぞれの上司同士も繋がりがあり、刑事の妹が検事の想い人という関係もあり、この周りを固める人たちとの絡みも楽しみにしています。

B(20代、男性)

桐谷健太が刑事役、東出昌大が検事役でバディを組み、事件解決をしていくドラマです。
それぞれの個性が強いので、見ていて痛快かつ共感できる部分も多いかと思います。

元体育教師で熱血漢の刑事、超エリートの検事という全然違う2人のバディがどんな風に事件を解決していくのかが最大の見所ですね。

ヒロインも登場して、恋愛模様もドラマの中に出てくるのかも期待しています。
警察と検察という2つのグループが描かれるので今までにない刑事ドラマをワクワクしています。

第1話みなさんの感想

V(40代、男性)

豪太の熱血刑事ぶりが凄く良かったです。
検事の真島は野心がありながらも、法に従った決断をしたのには感心しました。
豪太に関しては自分の元教え子が犯罪者として現れたのですから、とても辛かったと思います。

情が入るのも無理はありません。
実際のところ滑川のせいで老人が亡くなったのかどうかは分からないので、警察も検察も事実はわからないでしょう。
ドラマ全体を通して、コメディ要素が多く、たいへん面白い刑事ドラマでした。
ところどころ、名作刑事ドラマのオマージュかな、と勘ぐってしまうキャスティングや、セリフ回しを感じました。

いわゆる旬のイケメン俳優が主役ではありませんが、脇を固める役者人も豪華で文句がありませんでした。
みなみに相手にされない真島と、豪太との掛け合いがこれからも楽しみな作品です。

X(40代、男性)

このドラマでは刑事と検事が対立すると言う面白いストーリーと思いました。
また、その刑事役にはあの個性的俳優である桐谷健太さんとあり、非常に引き込まれていきました。

また、検事にはあのイケメン俳優である東出昌大さんとあり格好良い検事と思えました。
そして、この二人がひとつの事件になった強盗致死なのか強盗殺人になるかを追求していくところが非常に面白かったです。

そして、更にまたこのイケメン検事には好きな女の子がいるのですが、アプローチするも全然相手にされずこれまた面白い展開だと思いました。

そして、その相手にしない女の子役がまた事務官役の比嘉愛未ちゃんで非常に可愛いかったのです。
本当に最後まで目が離せませんでしたので是非また次回も観たいと思いました。

R(30代、女性)

桐谷健太のキャラ設定がとても面白く、本人のキャラクターとも合致している気がして、安心して見れます。

もう一人の主役の東出昌大との繋がりも兄妹と上司とは、なかなか良いと思います。
どちらもカッコイイ見た目とは違い、少し鈍臭いというかズレているところも共通していて見物です。

桐谷の感情丸出しですぐに泣いたり怒ったり忙しいですが、現実世界であんな風に感情表現するのは相当難しいので、羨ましくも感じます。

周りから見れば似ている主役の二人なのに、仕事とはいえ本人同士は激しい言い争いになるとは驚きです。
今後二人が仲良くなるのか、このまま平行線なのか、比嘉愛未がどんな影響を与えるのか楽しみです。

主役二人の職場の関係者もそれぞれに個性があるので、見応えがあって個人的に好きです。

第2話あらすじは?

“ 会社員の男性が地下道の階段から突き落とされ、意識不明の重体に陥った。
事件を目撃した大学生が通報したため、ほどなく警察は被疑者と思われるフリーター・猫田一也(稲葉友)を任意同行することに。

しかも…最初こそ否認していた猫田も、元教師で横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)の親身で熱のこもった説得を受け、あっという間に自白。
そのまますぐに送検される。

 ところが直後、事態は一変する。
捜査を引き継いだ横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が取り調べると、猫田はまたも否認に転じ、自白は警察に強要されたと証言したのだ! しかし、猫田に罪を認めさせて起訴しようにも、物的証拠はゼロ…。

頭を抱えた修平は、自白だけを根拠に送検してきた豪太らを理詰めで責め立て、勾留期限の9日以内に物的証拠を探すよう命じる。

 修平の偉そうな態度に腹を立てながらも、豪太は刑事課の面々と共に事件現場付近を徹底捜査。

しかし、猫田の犯行を裏付ける物的証拠はひとつも見つからず、時間だけがむなしく過ぎていく。

公式サイト https://https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  より

みんな注目する点は?

J(20代、女性)

男性が地下の階段から転落し、意識不明の重体におちいるといった事件がおこります。

大学生の証言によって、フリーターの猫田を任意同行することになった主人公→仲井戸 たち。
最初は否認していた猫田ですが、元教師の主人公の熱心な話かけもあり、容疑を認めます。
それも意外にあっさりと容疑を認めるのです。

ことはおさまったかと思いましたが、真島が話を聞くと、また猫田が否認し始めて‥。
事件は果たして解決するのか、犯人は猫田なのか‥。

W(40代、女性)

2話の見どころは、証言を変える被害者の真実です。
無実なのか、それとも本当に犯人なのか、なぜ証言を変えるのか、ミステリー性も含んでいるところが、見ている人をドキドキさせます。

こういう時には物証で判断をするのですが、この事件では物証がありません。
物証が見つからないなか、どうすれば真実を暴くことが出来るのか。
刑事と検事、それぞれ捜査のやり方に違いがあるのか。
そして、豪太と修平は協力することが出来るのか、かなりのポイントです。

C(30代、女性)

第2話は物証がない事件で起訴できるのかという点です。
熱血先生的な取り調べをする仲井戸刑事の前で自白をした犯人が検事の前で否認する状況で物的証拠を探し出せるかという難しい事件への対応が見どころです。

それに1話で発覚したみなみさんのお兄さんが刑事の仲井戸豪太という点も今回どのように作用するのか楽しみな所です。
事件の話の合間に検事と刑事とみなみさんの会話がコミカルになるのもこのドラマの面白い点だと思います。

第2話みなさんの感想

Q(50代、女性)

前回のストーリーの中で「刑事より検事の方が上」というような言葉が何度か出て来て、実際はそうなのかな?と思ったりしていたのですが、東出昌大さんが演じる検事は女心は分からないし、自分の出世のことばかり気にして嫌な検事という印象でした。

その事務官のみなみが検事からアプローチされても適当にあしらう気持ちが分かります。
そして東出昌大さんの演技がやっぱり下手だなという印象だったのですが、このタイミングで彼の実生活での不倫の報道が出たせいで、彼の演技を見るのが嫌になってしまいました。

でもドラマ自体は検事と刑事の立場の違いとその立場に応じて犯人を追い込んでいく姿が描かれていて、なかなか面白いと思います。

刑事役の桐谷健太さんの熱血さはちょっとわざとらしいですが、それも愛嬌という感じでまた良いです。
刑事の妹で検事の事務官役を演じている比嘉愛未さんの気の強い感じの演技も好きです。

T(50代、女性)

自白の強要と言われないためにも録音録画など取り調べの可視化は必要です。
真島は危うい検事ですが、自白だけで立件するのは危ないという主張は間違っていません。
取り調べ室の密室と自白至上主義は冤罪を生みます。

高校中退でフリーターなど珍しくもない時代です。
またひきこもりも社会問題になるほど多例です。
猫田とたかし君の背景が気になりましたがいっさい触れられなかったのが残念です。
仲井戸豪太は1回の熱血教師的取り調べでカンオチしたからってそこで納得してはまずかったです。
そういう人たちが息をつけない世の中が軋みにもっと早く気づいてほしかったです。
もちろんすべて社会が悪いなどと言うつもりは毛頭ありません。

そもそも物的証拠も無いのに検察送致できるのですか。
できるとしたらずいぶん危険です。
送致する前に堀を埋めておく必要があります。

目撃者がいなかったなら何故いなかったか、突き落とされた以外に原因がないのなら何故ないのかとかです。

だいたい被害者の犬塚は何故猫田と揉めていたのでしょう。
そこを疑問に思わないとはケイジもケンジもどうかしています。
ちゃんと論理的に詰めなければいけません。

48時間以内に送致できないとしたらそれは送検するべきではないということです。
良質なミステリに出てくる刑事はその辺をおろそかにしないのですがね。

検事も捜査権があるので真島が自分で現場に出向いたのはよいと思いました。
それにしてはあっさり解決した感が否めません。
これがテレビドラマの限界でしょうか。

現実の世界の問題として、勾留期限は最初10日、延長すればもう10日で、警察より余裕があるのはなぜでしょう。
それなら最初から警察に捜査の時間を与えればいいと、このドラマを見て改めて思いました。

A(40代、男性)

今回は地下道での階段で起こった突き落としによる事件だったのですが、非常に観ていて怖かったです。

何が怖かったかと言うと、実際に私個人的に少し経験があったからなのです。
勿論、私の場合は突き落とす側ではなく、被害者である突き落とされる側だったのですが、昔好きだった彼女とたまたま口論となり、その勢いで階段で突き落とされそうになったのです。
本当に怖かった経験なのです。

また、共に若かったと言うのもあり彼女も悪気は無かったのですが。

とにかく、今回の内容は個人的に思い出深いものがあったのでより真剣に観てしまいました。
また、更には今、話題の東出昌大さんが出ているのを改めて見て不思議な感じでした。
しかし、役では格好良く検事を演じていたように思えます。

第3話あらすじは?

“営業時間中のはずが閉店していたバーの店内で、男性オーナーの刺殺体が見つかった。

連絡を受けて現場に急行した横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)はそれぞれ、初めての殺人事件現場に大張り切り。

検事5年目…初めて大事件に関われるチャンスを逃すまいとばかりに、修平は支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に直訴し、この事件を担当することに。

一方、捜査に貢献したくてウズウズしていた豪太も、横浜桜木署刑事課の面々と共に、神奈川県警捜査一課が主導する捜査に参加する。

 捜査線上に浮かび上がった被疑者は、運送会社に勤務する瀬川大介(薬丸翔)。
県警捜査一課が任意で取り調べると、瀬川は事件当日にバーへ行ったことも、被害者と口論になったこともあっさり認める。

だが、犯行については認めない上に、凶器も発見できず…。
 捜査がこう着状態に陥り、焦りを隠せない県警捜査一課。

“落としの長さん”の異名を取る県警の捜査一課長・見城長一郎(池田成志)は修平に詰め寄り、逮捕の許可を出してくれれば、徹底的な取り調べで凶器の隠し場所を吐かせると言い切る。

だが、逮捕は起訴できる完璧な物証をそろえてから…と、修平は拒否。

逮捕のタイミングをめぐり、刑事と検事の攻防戦が勃発し…!  そんな中、なぜか豪太はガールズバーに通い始め、前のめりで店員・三浦舞(古畑星夏)をデートに誘うようになる。

さらに…! 刑事にとっても検察にとっても、“決してあってはならない事態”が発生する――。

公式サイト https://https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  より

みんな注目する点は?

T(50代、女性)

第3話では、仲井戸が初めての殺人事件に挑むのが、大きな見どころとなります。

被害者が犯行を認めない、凶器も見つからないという困難な状況の中、どうやって解決に向かうのか!?とても面白い展開になりそうです。

仲井戸の熱血・金八刑事ぶりが、初の殺人事件という事もあり、今まで以上に大白熱しそうなのも、見どころです。

そして第3話では、ゲストに薬丸裕英さんと石川秀美さんの長男・薬丸翔さんが容疑者役で出演されます!こちらも注目、そして期待大です。

●名前●(20代、男性)

今回の展開としては、ケイジとケンジ初めての殺人事件としての内容でした。

落しのチョウさんなどの新しいキャラクターが出てきて、今回は非常に新鮮味がありました。

相変わらずの主人公の仲井戸刑事が所轄と捜査一課の垣根を超えて上司に意見していく場面が非常に見どころの一つであると思います。

元教師ということもあり、まいちゃんや瀬川に対する語りかけや聴取の場面もどこか二人に寄り添っている感じがして、すごく人間味を感じられると思います。

最後に、まいちゃんが庇っていた瀬川の犯行を話す場面から瀬川が落ちる場面が今回の最大の見どころだと思います。

Y(30代、男性)

単なる自転車放火の事件と思われた事件が思わぬ方向へと転がっていく回です。

その自転車を所有していた男性は元カノが犯人だと推理し、すぐにその元カノが犯行を認めます。

したがって、事件はすんなり解決だと思われたものの、その元カノに関して自転車放火の被害に遭った男性が、知られざる姿に関して供述をしたため、単なる自転車放火事件では収まらないような事態になります。

実は元カノが犯していた罪はそれ以上のものだった?という驚きの展開になっていくところが見どころです。

第3話みなさんの感想

G(50代、女性)

今回は豪太よりも真島の方が少しだけまともに見えました。

豪太は熱血教師ごとく熱血刑事のはずなのですが、いいカッコをしたいって態度がバシバシ出ていてちょっと引いてしまいました。

それでも捜査会議で一番前に座りたいなんて可愛かったのですが。

そして最終的には犯人瀬川の彼女を見つけたのはお手柄でした。

まだ新米刑事なのに犯人逮捕にはいつも貢献していて大したものです。

容疑者のSNSに載っていた写真の人ならとっくの昔に聞き取りしてるよ、と突っ込みたくはなりましたが、そこはこのドラマの核心です。

豪太のあの楽観的にずれた思考が事件を解決に持っていくのが毎回の見どころだと思います。
初めての殺人事件で慎重になり過ぎている真島がじれったいのは分かりますが、強面刑事みんなで責めるのは可哀想だと思います。

物証は確かに必要なので、それが出てから拘束したいという真島の言い分は分かるような気がしました。
しかし、みんなの前であの泣き言はまずいですね。

一応権威あるエリート検事なのですからその威厳は保ちましょうよ。
特にみなみの事はプライベートなので混同しないで下さいね。

そういえば今回はポルトガルが出てこなくて寂しかったです。
捜査一課も所轄も検事が一緒に打ち上げなんてあるのかなと思いましたが、こんな個性的な人たちがたくさんいたら面白いですね。
お笑いかと思うと真面目な部分もあって、その波が何度もあり楽しいドラマだと思います。

J(30代、女性)

仲井戸と真島、真島と日下、樫村と大貫とあちこちで火花がバチバチしていて、低レベルな争いをしているにも関わらずつい笑ってしまいます。

持丸検事や妹のみなみ等の女性達に、良い所できっちりと締められたり、簡単に手玉に取られるところが面白いです! 真島検事は相変わらず自分のことばかりで、身勝手さと幼さにイライラしてきます。

しかし仮に一緒に仕事をしなければならないとしたら、単純過ぎるので扱いやすい性格だとも思います。

仲井戸も低レベルな作戦で妹にかかっていき、こてんこてんにやられるところは変わらないですが、素直で真っ直ぐな性格のせいか何故か嫌な印象にならずに応援したくなります。

ドラマの内容そのものに惹かれるというよりは、女がスパッと決める瞬間が観たいからかまた次も観ようと思います。

W(40代、男性)

今回もまた事件が起こった訳なのですが、刺殺体とあって非常に怖い展開となりました。

そして、また仲井戸豪太刑事と真島修平検事がそれぞれ奮闘するのですが、何と共に殺人事件現場と言うのが初めてで二人は死体の前だと言うのに大張り切りになるのでした。

私個人的にこのような殺人事件現場で良く刑事などがアレコレ話しているのを見るといっつも不快に思います。

勿論、刑事だからこそ仏さんの前で事件を調べる訳なのですが、もう少し死者に敬意を払っても良いのではないかと思うのです。

ですので、今回の3話ではその事を強く思いました。
そして、また今回も仲井戸豪太刑事と真島修平検事による勃発が起こり、一時期はどうなることやらと思いました。

第4話あらすじは?

“ 横浜桜木署の刑事課にテレビ番組の密着取材が入ることになった。

刑事課のメンバーはカメラを意識して何かとカッコつけるが、大した事件の通報もなく、空回り感が否めない。

そんなとき、仲井戸豪太(桐谷健太)が放火の通報を受け、刑事課メンバーは大張り切り。

ところが密着カメラを従えて現場へ駆けつけると、被害状況はマンションに置いてあった原動機付自転車の前輪が燃えただけ…。

 やがて原動機付自転車の持ち主・太郎丸直樹(大東駿介)が帰宅。
豪太が事情を説明し、犯人に心当たりがないか尋ねると、太郎丸は2カ月付き合って別れたという元カノ・石田貴理子(阿部純子)の名前を挙げる。

ところが…兄である豪太からこの話を聞いた立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)は、開いた口がふさがらない状態に! それもそのはず、何の因果か太郎丸は3カ月前までみなみが同棲していた男だったのだ――。

 一方、みなみに一方的な恋心を寄せる検事・真島修平(東出昌大)は、彼女に3カ月前まで恋人がいたことを初めて知り、ショックで心ここにあらず…。

公式サイトより

みんな注目する点は?

D(40代、男性)

桐谷健太が演じる仲井戸豪太が放火事件の通報を受けます。

そして現場に駆け付けると原動機付自転車が燃えていて、その持ち主が何と比嘉愛未が演じる仲井戸みなみの元彼の大東駿介が演じる太郎丸直樹でした。

みなみは太郎丸と3ヵ月前まで同棲をしていたので、それを知った東出昌大が演じる真島修平はショックのまま心あらず状態になってしまいます。

そうした状況の中で加害者である阿部純子が演じる石田貴理子が送検されてきます。

真島は器物損壊罪か放火罪かを見極めるために加害者だけでなく被害者からも聴取をします。

だがそのことから、太郎丸から貴理子の知られざる一面を聞かされて思わぬ方向へと舵を切ることになります。

O(20代、女性)

今回の事件の被害者は豪太の妹のみなみの元同棲相手? 刑事の豪太と検事の修平はみなみの元彼の原動機付自転車が燃やされた事件を担当することになります。

犯人はみなみの次に付き合っていた元カノだと判明しますが‥ 器物破損罪などの聴取が行われる中、元カレがもっと罪が重くなるような過去の元カノの誰にも知られていない一面を語り出しました。

果たしてその元カノの知られざる一面とは? また、元カレの犯行動機は? 主役の2人が真相に迫ります。

W(40代、男性)

桐谷健太さん演じる豪太はテレビの密着取材が決まり、強行犯係の面々は放火の知らせに全員で出動して大騒ぎします。

やがて、放火された原動機付自転車の持ち主は大東駿介さん演じる直樹で、比嘉愛未さん演じるみなみの元恋人です。

そして、犯人は直樹から短期間で振られた阿部純子さん演じる貴理子だと分かりました。

このため、みなみの恋愛事情に東出昌大さん演じる修平は落ち込み、検察にやって来た直樹をにらみつけますが話を聞くと内容が意外で豪太に調査を頼みその後の展開が見どころです。

第4話みなさんの感想

R(40代、男性)

豪太のセリフが心に響きました。
「再犯させないのが俺たちの仕事じゃないのか」という趣旨の言葉です。

確かに本当に大切なのは、法を犯してしまった人間に二度と過ちを繰り返させないのが司法の役割だと思います。

修平が石田貴理子に伝えた「同性の本当の友達を作ってください」という言葉にはとても重みがありました。

彼女には恋人よりも何でも言い合える友人が必要です。
軽微な罪で起訴してもらえたのですから、彼女はきっと立ち直ることができるでしょう。

それにしても、みなみの元カレの太郎丸直樹は正直ひどい男だと思います。

なぜあの様なチャラい男と、付き合ってしまったのかは気になりました。

最終的に豪太と修平、みなみの3人の力で、一番良い道を石田貴理子に歩ませてあげることになった素晴らしい回でした。

T(50代、男性)

テレビの密着取材が入った刑事課の面々が、番組に映りたくて浮き足立つ様子が滑稽で面白い反面、豪太が担当した女性の別れた男性のバイクへの放火は、犯罪を犯す犯人に再犯を犯さないようにと苦慮する豪太や真島のシリアスな面が感じられました。

その判断の裏に、豪太の刑事としての容疑者の女性の身辺調査の裏付けと、みなみに助言を受けた真島のこれまでとは違う人をみようとする姿勢が感じられました。

男女の別れ話に端を発した事件に、検事の真島を演じる東出さんが、みなみと過去に同棲していた太郎丸と対峙して狼狽する真島の姿と罪状を女性に伝える姿のギャップが、これまでの真島の姿とは違い検事らしさが感じられました。

また、世間に顔を晒すと捜査に支障が出る刑事課の密着取材の番組では、署長がアップとなるツボも抑えられているように感じました。

Y(30代、男性)

これまでは刑事と検事という立場の違いを明確に分けて対立する姿を描いていましたが、今回はそういう立場の違いを取り払って話をする場面があり、こういう展開があるのなら今後に少し期待が出来そうだと感じました。

三人で膝を突き合わせて話をすることで生まれた考えを真島なりに砕いて被疑者に伝える姿もよかったです。

あなたがしたことはわかっているのだと言葉でハッキリとは言わず、けれど、再び同じことを繰り返さないように変わっていってほしいとアドバイスを伝える姿はカッコよく思いました。

上っ面だけではない本当の言葉だったことで被疑者にもきちんと伝わっていたのだと思います。

一方で仲井戸はみなみのことを何だと思っているのか、と感じる場面がありました。

これまでもひどいことをしていましたが、みなみに好意を寄せる真島を彼女に黙って部屋に入れるのはどうかと思いましたし、自分が密着取材でテレビに映るために妹を売ろうとしていたので、兄としてというよりも人としてどうかと思いました。

元教師らしい活躍がなかったので、よりそういう部分が気になったのかもしれませんが、みなみはもっと怒っていいと思います。

第5話あらすじは?

横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と目黒元気(磯村勇斗)は居酒屋店へ。

“出世第一の人生プラン”を掲げる目黒は、とうとうと“守りの姿勢”の大切さを語り始める。

すると突然、外から怒号が聞こえてきた。
酒に酔った源義和(深水元基)がけんか腰で、路上に倒れ込む向谷孝太郎(荒川浩平)に迫っていく姿を見た豪太と目黒は、源を現行犯逮捕。
思わぬ手柄にすっかり舞い上がる。


だが、その先に待っていたのはまさかの展開。
源の弁護士・神田川博史(堀井新太)が桜木署へやって来たのだが…なんとこの男、目黒の中高時代の同級生だったのだ! しかも超やり手の神田川は、最初に手を出したのが向谷であることを示す防犯カメラ映像を、いち早く入手。

あろうことか源を誤認逮捕してしまっていたことが発覚し、豪太と目黒は青ざめる…。

ところがそこへ、桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)が源にそっくりな似顔絵を探し出してきた! 実はこれ、3年前に傷害事件を起こし、未だ捕まっていない犯人の似顔絵だという。

大逆転のチャンスを得た豪太たちだが、横浜地方検察庁みなと支部の部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は張り切る警察の暴走を危惧。

公式サイトより

みんな注目する点は?

W(50代、女性)

5話の見どころはなんと言っても思い切りスカッとさせてくれるラストです。

豪太と目黒は居酒屋で飲んでいた時暴力事件に遭遇し犯人を現行犯逮捕、と思いきやそれは誤認逮捕。

しかしひかるのお手柄で、捕まえた男、源が3年前の傷害事件の犯人であることが分かります。

源は今も昔も飲んではあちこちで暴力沙汰を起こし、お金持ちの親に助けられている状況でした。

3年前の事件で源に大けがをさせられた伊勢谷は、半身不随になり車いすでの生活を強いられています。
3年越しでやっと分かった犯人が源でした。

源には親の会社の専属弁護士、神田川が付き、伊勢谷に示談を持っていきます。

最初は示談はしないと言っていた伊勢谷ですが、金額を2000万まで上げてきた弁護士に一旦は示談を受け入れてしまいます。

ここで黙っていないのは豪太です。
今までも沢山の人達を傷つけながら親のお金で逃げ切っている源、ここで罪を償わせないとまた多くの罪を犯す事間違いなしです。

そんな源を執行猶予なんかで許すことは出来ません。
担当検事である真島も加わり、上から目線の神田川に大反撃。

真島は、車いすになって経済的にも大変な伊勢谷に民事裁判も起こす事が出来るとアドバイスをします。
伊勢谷は大学で日本一にもなった程のバスケ選手で、将来稼げただろう金額は2億とも見積もれます。

そして刑事事件、民事事件ともに裁判を起こし勝利するのです。

実際にいくら勝ち取ったのかは分かりませんが、2000万より上であることは確かです。
本当に見ていて気持ちの良い結末で「やった!」と思いました。

豪太と真島はお互い文句を言いながら段々と良いコンビになっています。

そして豪太と目黒も良い同僚に、目黒とひかるはちょっといい感じに、そして大貫と樫村もお互い文句を言いながらも仲が良さそうで、今話は特にみんなの絆が深まり、そのあたりも見るとほっこり出来ると思います。

残念ながらみなみと真島に変化は見られず、この2人に進展の可能性はあるのだろうか、と思いながらも今後に期待したいと思います。

W(40代、男性)

桐谷健太演じる刑事の仲井戸が磯村優斗演じるバディの目黒と誤認逮捕したミナモトが実は3年前の傷害事件の容疑者だった。

そこに現れたミナモトの弁護士は目黒の同級生であったがミナモトの罪を軽くしようと被害者と示談を結んだりとやり手なところを見せるが、仲井戸と目黒がミナモトの事を許せないと決意する。

D(50代、女性)

豪太と目黒川が路上で偶然逮捕した人物は、誤認逮捕であったののの、3年前の傷害事件の犯人であった事が判明します。

その犯人についた弁護士が目黒川のかつての同級生でした。
弁護士は超のつくエリート弁護士で、東大で一番だった人物。

そこから目黒川の過去が垣間見え、出世欲が強い理由なども伺えます。

そして、目黒川の背景が浮き彫りになる事により、ストーリーがより面白くなっています。

3年前の傷害事件の被害者が下半身不随という大怪我を負っていた事から、豪太の熱血がマックスになる事も必見です。

第5話みなさんの感想

F(30代、女性)

こじつけのような発言をする弁護士には、ずっとイライラさせられていたので最後に検事が法律事務所に乗り込んでいったところは爽快感がありました。

刑事チームは最初はバラバラだったのに、豪太が入ってからは少しずつまとまりが出てきているように感じました。

若手が仕事に対して真面目になったのも、豪太のおかげだと思うと、ただ前向きなだけでなく周囲にも良い影響をもたらしているのではないかと考えるようになりました。

そして冷めたような感じだった検事も、豪太の熱意に少し影響を受けている部分もありますが、ちゃんと信念を持っているんだなとわかってきました。

お茶目なところもあったりして、豪太に認められる日も遠くないかなと少し思いました。

G(50代、女性)

脚本が木村拓哉さん主演のドラマ、HEROと同じ福田靖さんだから、検事という職業について分かりやすく描かれていたり、意外な面も見ることが出来て興味深いですし、それぞれのセリフが面白いです。

豪太が誤認逮捕した?となった時にはちょっとハラハラしましたけど。

そしてこの二人の間に入っている、豪太の妹で修平の事務官のみなみ(比嘉愛未さん)との3人のコンビが絶妙でステキです。

どんどん面白くなってきているドラマなのでこの先も楽しみに見ていきたいと思います。

Y(40代、男性)

神田川は見ていて本当にイライラしてしまう悪徳弁護士でした。
同級生である目黒に対しても上から目線ですし、黒を白に変えようと必死なのが気に入りませんでした。

神田川は目黒に「正義感など1ミリも無かったのになぜ警察官になったのか」と聞いていましたが、そこは詳しく明かされなかったので残念です。

修平は最初の頃こそ無機質なところが強かったですが、豪太に感化されているのか人間味が出てきました。

伊勢谷の試合シーンで泣いている姿が物語っています。
伊勢谷は示談金2千万をもらってしまいましたが、執行猶予が付かないなら受け取ってしまう気持ちは痛いほど分かります。

結局は修平たち検察の手助けのお陰で源を起訴できましたし、伊勢谷は民事訴訟で金銭を受け取れそうなので良かったです。

第6話あらすじは?

女子力が低くて恋愛方面はてんでさっぱり…な横浜桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)は職業を偽り、頑張って女子っぽさを意識しながら合コンに参加。

ところが、ついつい刑事のさがが前面に出てしまい、残念な感じに…。

女の幸せを見失い、落ち込みながら帰途につく。
そんな中、コンビニで強盗事件が発生した! 逃走した犯人・半田(長谷川朝晴)を逮捕したひかるは、取り調べもスムーズに終え、無事に送検。

仲井戸豪太(桐谷健太)ら刑事課の仲間も彼女のファインプレーをたたえ、警察の捜査は大団円を迎えたかに見えたが…。
 その直後、捜査は振り出しに! というのも、横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が半田を単独犯として起訴しようとしたところ、調書を読んだ部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)の表情が一変。
捜査のやり直しを命じたのだ。

再捜査の指令を受け、ひかると目黒元気(磯村勇斗)が入手した一枚の運転免許証データを見た豪太らは、我が目を疑う。

そこには“捜査の矛先をガラリと変える驚愕の新事実”が、まざまざと提示されていたからだ!  その事実に、修平はコンビニ強盗どころではない重大犯罪の匂いを嗅ぎ取り、鼻息を荒げるが…!?

公式サイトより

みんな注目する点は?

R(50代、女性)

桜木署刑事課の毛利ひかるが合コン帰りにコンビニ強盗犯を逮捕し、初のお手柄!しかし樫村部長検事の指示により、犯人の兄弟を調べていくと、逮捕した犯人は弟に成りすましていたという疑惑が浮上。

何故、何年もの間成りすましできていたのか?犯人の家の台所から血痕と、骨が出てきたことから、殺人事件の可能性が・・・?

殺人事件を手掛けたくて仕方無い真島検事と、逮捕・送検がミスでは無かったと証明したい毛利ひかるのバトルが大きな見どころです。

T(30代、女性)

横浜桜木署で男性刑事の中で、キビキビと職務をこなす毛利は、仕事はできるけれど女子力が低くて恋愛をすることができません。
そんな環境を替えようと、警察ということを隠して合コンに参加しますが、行動や会話から刑事でることが隠せずに失敗してしまいます。
落ち込みながら帰っていると、コンビニで強盗事件が発生し、その場で犯人を捕まえることに成功します。
無事送検されてこの事件は終わったものだと考えていたら、検察から捜査のやり直しを命じられます。
単純に見えた事件の裏に何があるのかが、見どころです。

Y(20代、男性)

今回の見どころは、何と言っても今田美桜さんです。
女性刑事を演じている今田美桜さんの出番がたくさんあります。
最初から最後まで大活躍するので、ファンだけではなく色々な人に見てほしいです。

今回の話を見るだけで、彼女の魅力に気づくことができるでしょう。
可愛いところ、カッコいいところなど、色々な彼女を知ることができます。

また、今回も東出さんにも注目です。
今回も、現実でのあの騒動をいじっているかのようなセリフが盛り込まれています。

第6話みなさんの感想

#REF!(40代、男性)

東出昌大さんは不倫問題で大変ですが、ドラマ自体は好きなので打ち切りにならないのは嬉しいです。

今回の6話は、今田美桜さん演じる毛利ひかるが刑事の職業を隠して受付嬢と偽っているシーンが妙にウケました、また合コン中に3人組の男が横浜から苗場まで高速道路をぶっ飛ばして言ったことに対して、刑事の性でスピード違反と言ってしまってことにウケました。

そして「はい、おまえアウト」って言ってしまったので合コンが台無しになってしまったのでさらにウケました。

そしてその後、交番で警官に女子力ゼロだと愚痴っている毛利ひかるが妙に可愛いかったです。

それから、刑事課の仲間と飲み会のシーンで、毛利ひかるの「逮捕しちゃうぞ」には惚れ惚れしました。

以上のように6話は毛利ひかるに焦点が当てられていたので嬉しかったです。

M(40代、女性)

今回は、女性刑事の毛利がコンビニ強盗を捕まえましたが、毛利が可愛くて犯人が逆に疑うところに、共感してしまいました。

事はスムーズに進んでいくと思われたが、樫村検事に言われた真島検事が再捜査を命じ、半田の身辺を捜査すると、運転免許の偽造から重大事件に発展してしまうところに少し無理があるように思いました。

が、本当に、重大事件ではなくて、兄弟はホームレスで自分の人生を楽しんでいるのがほのぼのしていて面白かったです。

捜査の最中に、半田が自分自身に宛てた12歳の時に書いた手紙は、なかなか綺麗な文面だったので、本当に同一人物なのかが気になってしまいました。

仲井戸刑事の立ち位置の逆転や、みなみの真島検事へのツッコミのタイミングが絶妙でした。

X(50代、男性)

今回の第6話には意外なストーリー展開が盛り込まれていて面白かったです。

まずコンビニ強盗犯として捕まった男がスムーズに送検できたところまでは良かったのですが、その後の取り調べをやっていた修平(東出昌大さん)が起訴しようと部長検事の樫村(柳葉敏郎さん)に調書を見せに行くとその強盗犯の兄の存在を調べるようにと指示したことには違和感を感じました。

なぜそんなことを指示したのかビックリしましたが、でもその後、警察がその強盗犯とその兄について調べたところ、その兄はホームレスとして気ままに生きていることが分かったのでホッとしましたが、コンビニ強盗とは関係のないことだったので、なぜこんなことのために部長検事が強盗犯の兄を調べるように指示したのか分かりませんでした。

でも強盗犯の家の床下を掘って骨を発見した時にはドキドキしましたし、みんなで協力して真実を解明していくストーリー展開は面白かったです。

あとそれから冒頭で合コンに参加していたひかる(今田美桜さん)が可愛かったですし、つい刑事ぶりを出してしまう姿が面白かったです。

第7話あらすじは?

横浜桜木署の管轄内にある公園で大学生・江島陸(永田崇人)が知人男性らから集団暴行を受け、全身を打撲した上、何らかの凶器を使って脚の骨を折られた。

加害者は会社員の久保田明(濱正悟)、フリーターの宮前幸介(柾木玲弥)、専門学校生の黛友之(今井悠貴)の3人。
彼らは江島と同じ高校の卒業生。

 さっそく桜木署では加害者3人の取り調べが行われることに。
すると、仲井戸豪太(桐谷健太)が聴取した黛が真っ先に、久保田にやれと言われたと打ち明け、素直に自白。

それを受け、最初は否認していた久保田と宮前も犯行を認め、3人は集団暴行の容疑で横浜地方検察庁みなと支部に送検される。

 検察では求刑を決めるため、誰が主犯か、そして誰が江島の骨を折ったのかを追及する取り調べを敢行。

真島修平(東出昌大)が久保田を、日下直樹(渋谷謙人)が宮前を、持丸栄(峯村リエ)が黛を担当する。

ところが、3人とも自分は主犯でなく、骨折もさせていないと主張! 豪太ら刑事と修平ら検事たちの間でも、誰が主犯かをめぐって意見が分かれ…!?

公式サイトより

みんな注目する点は?

X(30代、女性)

公園で、暴行を受けた大学生が見つかりました。
足に大けがを負っていて「知人から暴行を受けた」と言いますが、気を失って誰にけられたのかは覚えていないといいます。
そこに、3人の少年が捕まります。

検察で取り調べが始まり、誰が大けがを負わせた犯人化を調べ上げます。
もともとの事件の始まりは、江島の彼女を巡ってのいざこざからだったのです。

それぞれの検事が3人に話を聞き、無事主犯者を確認し送検することができました。
私は、警察のひかると目黒くんのれない関係の方も気になります。

U(20代、男性)

今回の話の最大の見所は、今までお互いに自分の手柄を立てるために争ってきた検事側が最後にまとまって主犯格を追い詰めるところだと思います。

最後に犯人が警棒ですねを複数回殴打したことを認めさせるシーンでは、今までの話以上により、検事の迫力を感じることができました。

Y(20代、男性)

第7話の見どころとなるシーンは、横浜桜木署の管轄内にある公園で起きた大学生暴行事件の真相に迫っていくところです。

被害大学生の元同級生3人組によって引き起こされた事件ですが、加害者に当たる、久保田明、宮前幸介、黛友之の3名とも、自分が主犯格ではないと、罪を少しでも免れようと自供します。

被害に遭った大学生は、凶器を使って、脚の骨を折る重傷を負っていますが、3人とも、骨折すらさせていないと、しらばっくれます。
誰が、主導したのかを解明していく場面に注目です。

第7話みなさんの感想

X(40代、女性)

一見、身内の若い子達のいざこざに見えましたし、暴行された男の子も、命に関わらなかったので、すぐに全てが解明されると思っていたのですが・・・。
主犯格を巡って、泥沼のように見えました。

3人の犯人の取り調べや担当で、刑事内でも検事内でも取り合いみたいなものが実際にあるのかな?と思ってしまいました。

仲井戸刑事の担当した黛友之は、オドオドしていて何かしそうには見えないですが、仲井戸刑事の教師の勘が当たった!と思いました。

しかも、2人を焚きつけた上に、スマホを落としたと言って戻って、誰もいないところで犯行に及ぶところがクズだな、と思いました

好きな女の子と付き合ってる事にムカついたなら、せめて一人でぶつかれば良かったのに、と思ってしまいました。

T(50代、男性)

同じ高校を卒業した同級生による集団暴行事件で、容疑者に浮上した三人のうち、被害者の脚の骨を凶器で折った実行犯の特定に、検事三人がしのぎ合いを演じるのが印象的でした。

集団暴行の首謀者を裁判にかける検事が裁判所での原告として立てるため、検事にとっては役者の舞台のような感じを抱いているという元裁判官の女将のセリフは驚きと共に、納得でした。

元高校教師の豪太が、学生たちの行動を推測した聞き込み捜査から実行犯を推定したのは、前職での経験が生かされているように感じられ、警察官だけ、あるいは検事だけの経験からは真実にたどり着けなかったようにも感じられました。

また、真島と日下の二人を指導する持丸検事が、自分の受け持つ容疑者が主犯と分かって高笑いする姿も、面白く感じられました。

F(40代、女性)

今回の容疑者たちは私のなかではクズにしか思えませんでした。
まだ一対一ならば話は別ですが、三対一となればただの弱いものイジメにしか見えません。

ですので、本当に今回のこのような事件は聞いているだけで不快に思えます。
そして、その後更にこの加害者である男三人が情けない奴だと思えました。

それぞれが自分は主犯ではないと言い逃れをするのでした。
しかし、またその後一人が正直に話すと自ずとそれぞれが話し出したので本当に情けなく思いました。
それなら、最初から正直に話をすれば良かったのにと思いました。

第8話あらすじは?

夜間に裸足で街を歩いていた6歳の少女・三崎笑美(渋谷南那)が保護された。
虐待を受けている可能性があったため、横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は笑美と二人で暮らしている母親・三崎真由子(桜井ユキ)に任意同行を求め、事情を聴く。

ところが、真由子は虐待を否定! 限りなくクロに近いものの、逮捕の決め手となる証拠もないため、釈放される。

だが、真由子による虐待を確信し、怒りに震える豪太は引き続き、同僚刑事・毛利ひかる(今田美桜)と共に虐待の証拠を探すことに。

児童虐待の事案は最初から検察と共同で捜査に当たるため、担当検事となった真島修平(東出昌大)も加わり、まずは笑美に話を聞く。

だが、笑美は何を聞かれても無反応で…!?  ちょうど同じ頃、無職の男・加瀬沢太一(三村和敬)がフリーターの段田拳四郎(松永拓野)に暴行を加え、逮捕される。

しかも取り調べると、加瀬沢がキャバクラ店員・澤登大介(木村龍)を立会人にして、段田と殴り合っていたことが判明。

この供述が事実ならば、全員が共犯とみなされる「決闘罪」にあたる――そう考えた刑事課の係長・多胡永吉(矢柴俊博)は、部下の目黒元気(磯村勇斗)と桂二郎(菅原大吉)にほかの二人も調べるよう指示する。

 ところが…やがて二つの捜査は思わぬ焦点で交わることに。
なんと、一見無関係の両事件から“警察と検察を揺るがす大事件”へとつながる“震撼の真相”が浮上し…!

公式サイトより

みんな注目する点は?

C(20代、女性)

夜に桜川橋交番付近で裸足で歩いていた6歳の女の子が保護されたが一体どこの誰なのでしょうか。

なぜ、夜の時間帯に裸足で1人で歩いていたのでしょうか。
仲井戸さんと真島さんが調べていくうちに母親からの虐待によるものではないかという可能性が出てきたが母親はどこにいるのでしょうか。

虐待の証拠を掴むために警察と検事が協力しながら捜査するところも見どころだと思います。

関係ないと思う無職の男が起こした決闘事件ともどう関係があるのでしょうか。

E(20代、男性)

まずは真島とみなみとの関係についてです。
みなみに想いを寄せる真島ですが、この二人の関係がどうなるのか。
最終章に突入し、そろそろ大きな動きがありそうです。

また、その真島役を演じる東出昌大さんについても注目です。

毎回、現実世界におけるあの騒動を思わせるような台詞が盛り込まれ、ネットで話題となっていますが、今回はどのような台詞が飛び出すのか。

全体のストーリーだけではなく、この2つに注目すれば、さらにこの作品を楽しむことができるでしょう。

F(50代、女性)

「ケイジとケンジ」第8話は、児童虐待事件を取り扱うという事で、金八・豪太の活躍が最強の回になると思います。
彼のキャラクターからして、今まで以上に熱血が炸裂すると予想します。

そして、子供を虐待する母親・三島真由子役に桜井ユキさんがゲスト出演という事で、演技派であり個性派女優でもある彼女の演技に大注目です。

豪太vs虐待母親の戦いが大きな見どころになると思います。
虐待の証拠をどう掴むのか?それはどんな証拠なのか?興味深い回となりそうです。

第8話みなさんの感想

C(50代、女性)

さすが元教師、子供の事件には特に力が入っていて、豪太は根っから良い人なんだなと思いました。

最初は男の人を怖がって豪太にもビクついていた笑美も、豪太の中身を見抜いて慣れていき真実を話してくれたのだと思います。

最後に笑美が笑顔で「バイバイお兄ちゃん」と言った時の豪太の嬉しそうな顔がとても良かったです。

真由子はどうしてクガヤマなんかが好きで従っていたのか、あんなに可愛くてお母さんが大好きと言ってくれる笑美を虐待している人なんかを庇っていたのかが分かりませんでした。

好きと言う気持ちがあっても暴力を振るう相手であればそんな気持ちはなくなると思いますが、それは全ての人には当てはまらないと言うことなのですね。

警察の説得で真由子が真実を言ったから良かったものの、あんな人の代わりに少しの間でも留置所に入った事自体が信じられませんでした。
クガヤマが虐待以外の事もやっているようで逮捕されたらもっと罪が重くなりそうで良かったと思います。

豪太と真島には早く彼を逮捕して起訴して欲しいです。
最後の握手、真島から手を差し出したのはちょっと感動でした。

G(30代、男性)

児童虐待という問題に対面することになったからなのか、最後へと繋がる話だからなのか、これまでの雰囲気に比べると全体的に真面目な話になっていたように思います。

検察側は相変わらずな部分もありましたが、それはこのドラマらしさだと思いもしますので、最終回でもダメな部分は出してほしいと思います。
仲井戸と毛利が二人で女の子の心を開かせようとする姿が可愛らしく感じました。

みなみの機嫌が悪かった時に同じようにしていた過去があったのだろうかと気になりました。
仲井戸は女の子にみなみを重ねてしまったものの、妹を守りたいという優しい想いが女の子の心を開くきっかけになってよかったです。

母親を悪だと決めつけて冷静さを失って突っ走らずにいられた結果なので、真島とのコンビで捜査をしたことは意味があったと感じられました。

その一方で真島は仲井戸の感情的になりがちな部分に影響を受けて母親を起訴猶予にすることで親子を一緒にいられるようにしたりと、こちらもいい影響を受けていると感じられるものになっていてよかったです。

B(40代、男性)

子供が事件に巻き込まれるのは、ただただ悲しい事です。
小さい女の子が話もできない状態になるくらいで、虐待の恐れが身体から見て取れるというのは本当に悲しいです。

しかも、今回は大好きなお母さんが好きな人だからと、女の子が我慢している状況が痛々しかったです。

大人の女性が、恐怖で自分の感情が分からなくなってしまうという心理は、よく分からないですが、自分の弱い部分に入り込まれてしまうと麻痺してしまうのかな、と思いました。

しかし、母親になって、愛してきた子供を危険な目に合わせてしまう前に行動に出て欲しいと思いました。

自分の思考回路が止まる前に行動する事は、次の大きな危険に合うかもしれない最後の回避できるチャンスかもしれないと思えるとこんな悲しい事件は減るような気がします。
お母さんも、誰かに頼りたかったのかな、と思うと、辛い事件でした。
暴力は何も生まないと再認識しました。

第9話あらすじは?

横浜桜木署管内で、激しい暴行を受けた身元不明の遺体が見つかった! 遺体の胸元にある火傷の痕を見た桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、犯人が身元を隠ぺいするためタトゥーを消そうとしたのだと推測。


これを重要視した横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、「3人組の犯人を見た」という第一発見者の証言と照らし合わせ、ある仮説を立てる。

その目の付けどころを部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は評価。
修平にこの事件を担当させることにする。

 まもなく豪太は、先だって決闘罪で送検した男たちの一人・澤登大介(木村龍)から重要な証言を引き出す。

なんと殺された男は半グレ集団「ベイシャークス」の幹部で、その集団のリーダーこそは…桜木署が児童虐待容疑で追っている男・久我山勝也(桐山漣)だったのだ!  この捜査を突破口にして、半グレ集団を壊滅しようと燃える豪太。

そんな豪太の思いに共鳴した修平は、捜査の主導権を握る神奈川県警捜査一課長・見城長一郎(池田成志)をいなし、桜木署が中心となって捜査を進めるよう指示。

ところが、勢い余った豪太が“とんだ失態”を演じてしまったことで、修平が怒りを爆発させ…!? 

公式サイトより

みんな注目する点は?

Z(70代以上、男性)

第9話は、胸のタトゥーをライターで焼かれた遺体が発見される所から始まりす。
所轄の刑事であるケイジはそのタツーから、ハングレ集団の幹部である事を突き止めます。

所轄と捜査一課の合同会議を仕切ったのが、ケンジです。
2度目の殺人担当で、ケンジは検事らしい采配を振るいます。
ハングレ集団の内部での事件と推察して、そのリーダーを別件で警察署で尋問しますが、この尋問の危うさから、いつものようにケンジとケイジはひと悶着を演じます。

しかし捜査は確実な証拠が得られず、難航します。
そんな中で、再度メンバーの一人をケイジが取り調べ、その中で容疑者の一人がスマホを2台持っていた事を引き出します。

その2台目のスマホには殺人現場の動画残されていたのです。
これが物証となり、殺人で起訴する事が出来たのです。
今回はケイジの正義感とハングレメンバーを悪ガキと接するように巧みに接し、尋問した事で解決を見ると言うのが、見どころと言えます。

E(50代、男性)

これまで刑事と検事という立場の違いで対立してきた豪太と真島が、身元不明の遺体が発見された殺人事件を通じて、連携した捜査を展開するのが見どころとなりそうです。

遺体の胸元の火傷がタトゥーを消そうとしたと推測した検事の真島が、これまでとは違う検事らしさをいかに表現するか、楽しみです。

その一方、以前決闘罪で送検した澤登から証言を引き出した豪太が、警察官として半グレ集団を壊滅するためにどんな暴走を見せるか、それによって真島がどんな対応をみせるか、気になります。

R(40代、男性)

早くも最終回の「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」の第9話、激しい暴行と火傷が目立つ身元不明の遺体が見つかった事件のお話です。

桐谷健太さん演じる刑事の仲井戸は、火傷はタトゥーを消すために付けられたもの、そして第一発見者の「3人組の犯人を見た」という証言についていつもながらの自信いっぱいに意見します。

そして、東出昌大さんが演じる真島検事は、そんな仲井戸刑事の意見を素直に取り入れ、可能性の高い仮説を立てていきます。

そして、柳葉敏郎さん演じる樫村部長検事は、そんな真島検事を評価し事件の担当とします。

ちょっとした変化ですが、仲井戸刑事と真島検事の関係性にも変化があるところが見どころであり、前回の話で複数の事件に関係していると浮上した半グレ集団のリーダーがどうなるのかも見どころの、最終回第9話です。

第9話みなさんの感想

Z(50代、男性)

なんだか早いものでもう最終回ですか。
割と淡々と話が流れてきた感じがするのは重苦しい雰囲気よりも個々のキャラが立ってるせいでしょうか。

今回は東出くんのプライベートの話題と重なった分、少々のめり込めなかったのが惜しい。

ただ磯村くんと今田美桜ちゃんの関係は見ていて楽しかったなと思いますね。
肝心の最終話は反グレ集団壊滅で無事事件解決、で最後に二人の結婚ネタ、もちろん美桜ちゃんにとってはいい迷惑ですが、ほのぼのした終わり方だったんではないでしょうか。

磯村くんは最近目立ちますね。
時効警察から警察ドラマ続き、悪い役が多かったのでイメージが広がっていろんな可能性を感じさせてくれます。
今田美桜ちゃんもなかなか演技派だったんですね。
個人的にこの二人がメインだったな笑

T(30代、女性)

今回が最終回でしたが、最後はスカッとできる内容でとても良かったです。
半グレ集団の取り調べで殺人を匂わせたらダメなのに桐谷健太が殺された人の名前を言ってしまいそうになる所は本当に面白かったです。


前回に続く内容でしたが虐待についてはあっさりしていて、メインは半グレ集団の壊滅だったので拍子抜けはしましたが、最後に賞をもらってみんなでお祝いするシーンが良かったです。

めぐちゃんの結婚を前提に付き合ってる話が最後うやむやになったので気になりました。

Y(30代、女性)

前回がよかっただけに、今回の内容には非常にがっかりしました。
決闘罪で取り調べをした相手がすでにいたことが話を退屈にしてしまっていたように思います。

取り調べを何度かしたことで、彼の心のドアが開ききっていたのか、元々の性格もあるかもしれませんし、彼が慕っていた相手が殺されたことも大きいでしょうが、いくらなんでも仲井戸の聞きたいことに対してあっさりと吐き出しすぎだと感じてしまいました。

彼がいることで捜査があまりに簡単に進み、事件の中身が薄くなっていたように思います。
その代わりに目黒と毛利のやり取りがありましたが、目黒がダメな人という印象を持つ結果にしかなっていませんでした。

樫村と大貫の過去の話も話自体はなんだかんだと言いつつ認めていることはわかりましたが、最後に話す内容ではなかったと感じました。

警察を検察という組織全体が協力して、という風に描かれていましたが、仲井戸と真島の二人を中心に描いた方が最終回らしかったのではないかと思います。

まとめ

全体的に一人一人のキャラクターが良く考えられていてバランスも良くて面白いドラマだったと最後まで見て思いました。
パート2が出来そうなドラマなので出来れば同じメンバーで見たいです。